特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時37分
時点のものです。

<< 戻る

紀州南高梅から生れたドレッシングと紀州和歌山のゆずから生まれたドレッシングがセットになりました♪ゆずと梅の紀州ノンオイルドレッシングセット

紀州南高梅から生れたドレッシングと紀州和歌山のゆずから生まれたドレッシングがセットになりました♪ゆずと梅の紀州ノンオイルドレッシングセット
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 麺彩工房ふる里
発売日:
価格 商品名
1,200円
紀州南高梅から生れたドレッシングと紀州和歌山のゆずから生まれたドレッシングがセットになりました♪ゆずと梅の紀州ノンオイルドレッシングセット
◆セットになりました◆   紀州ノンオイル梅ドレッシング  1本   紀州ノンオイルゆずドレッシング  1本 名称 ドレッシングタイプ調味料(梅ドレッシング) 原材料名 梅肉、糖類、醤油、りんご、醸造酢、りんご酢、トマト、はちみつ、かつぶしエキス 内容量 200ml 賞味期限 約12ヶ月 開栓後は冷蔵庫に保存し、お早めにおめしあがりください 保存方法 直射日光を避けて保存してください 製造者 ハグルマ株式会社 和歌山県紀の川市西三谷717 名称 ドレッシングタイプ調味料(ユズドレッシング) 原材料名 醤油、醸造酢、糖類、ゆず果汁、りんご酢、ゆず皮、コーンスターチ、チキンスープ 内容量 200ml 賞味期限 約12ヶ月 開栓後は冷蔵庫に保存し、お早めにおめしあがりください 保存方法 直射日光を避けて保存してください 製造者 ハグルマ株式会社 和歌山県紀の川市西三谷717 <大枠キーワード>年内出荷・年内発送・年内・ねんない・年始・年始出荷・お得 お徳 徳用・福袋・送料無料 送料込み 送料込・お試しセット・業務用・訳あり 訳アリ・わけあり・ワケアリ・リピーター・人気・お試し・試食・緊急・追加・良質・決算・期間限定・贈答用・ギフト・グルメ・業務用・家庭用・送料無料・激安・楽天最安値・最安値・特価・セール・円・OFF・OFF・オフ・割引・【】・期間限定・早い者勝ち・特売・破格・卸値・専門店・業者・セット・その他・冷蔵便・冷凍便・メール便・歳暮・中元・赤字・和歌山・わかやま・ワカヤマ・ワカヤマ・楽天ランキング・ランキング・ranking・ranking・麺屋・めんや・製麺所・讃岐・さぬき・サヌキ・サヌキ・sanuki・sanuki・コシ・こし・紀州・紀の国・紀ノ国・きしゅう・キシュウ・きのくに・キノクニ・南紀・なんき・ナンキ<商品キーワード>梅・うめ・ウメ・ume・潰れ・つぶれ・ツブレ・tubure・潰れ梅・潰れうめ・潰れウメ・つぶれ梅・つぶれうめ・潰れウメ・yubureume・ツブレウメ・なんこうばい・ナンコウバイ・南高梅・南高ばい・nankoubai<商品説明>梅干し(うめぼし)とは、ウメの果実を塩漬けした後に日干しにした塩漬け。漬物のひとつ。「日の丸弁当」や「おにぎり」など、日本人にとって身近な食材である。なお、塩漬けのみで日干していないものは、「梅漬け」という。梅酒が熟していない青梅を用いるのに対し、梅干しは6月頃の熟した果実を用いる。塩漬けにした後3日ほど日干し(これを「土用干し」という)にする。この状態のものを白干しと呼び、保存性に優れているが、塩分が多い(塩分20%前後)ためとても塩辛い。近年市販の一般的な梅干しでは、白干しのものを水につけ、塩分を抑えて味付けを施した調味漬けの梅干しが多い。調味漬けの梅干しには、シソ(赤じそ)の葉とともに漬けて赤く染め風味をつけたしそ梅、昆布とともにつけて昆布の味をつけた昆布梅、鰹節を加えて調味した鰹梅、蜂蜜を加えて甘くしたはちみつ梅などがある。このような梅干は「調味梅干」と表記される。なお、減塩梅干や調味梅干は保存性が大きく劣り、防腐効果がかなり低い。そのため保存料を使用する場合が増えている。すべての梅干しに共通した大きな特徴として、非常に酸味が強い。この酸味はレモンなどの柑橘類に多く含まれるクエン酸に由来する。そのため梅干しは健康食品としても有名である。特に紀州(和歌山県)の梅干しは有名。みなべ町や田辺市は一大生産地で、南高梅と呼ばれる品種のウメを用いた梅干しが最高級品とされる。また、和歌山県推薦優良土産品に指定されている。俳句では夏の季語である。加工食品として販売されている梅干しは、昔ながらの梅干しは「梅干」、水に晒しハチミツ漬などにしてさらに調味されたものは「調味梅干」と表示するようJAS法(品質表示基準制度の名称)に義務づけられている。五訂日本食品標準成分表によれば、塩分は梅干が22.1%、調味梅干が7.6%と、その味の差やその保存能力の差が際立っている。甘く調味された調味梅干は比較的新しく(戦後生まれである)、お年寄りと若者とで食べ慣れた梅干しが異なるので、梅干の好みに差が広がっている。[1] 白飯の真ん中に梅干しをのせただけの弁当を、日の丸(日章旗)に見立てて日の丸弁当と呼ぶ。 海外旅行に出かける邦人の中には、外国の畜肉や乳製品の多い料理に飽きた時や気分不快の際に、口直しや気分転換を目的として梅干しを持参する旅行者が多いと云われる。 梅干しの表面はしわになっているので、しわが多いお婆さんの事を俗に「梅干婆さん」という。 アルミに酸化皮膜をほどこしたアルマイトの弁当箱では、毎日同じ場所に梅干しを乗せた場合、酸によって蓋が溶けることがあったという体験をした人は多い。しかしこれは終戦直後の技術が劣っていたこと、アルミの純度が低かったためと考えられている。 スーパーマーケットなどで市販されている梅干しは実質酢で漬けただけの酢漬けが多い。これは、もちろん防腐効果を持たない。また、原材料名に保存料が含まれていたり、防腐剤が同封されていたり、賞味期限が設定されているようなものは自身が腐る可能性を持っているため、弁当などには向かない。 伝統的製法によって作られた梅干は土蔵などの保管に適した環境では腐らず、100年前に作られたものでも食べられる。但し、希に黒色に腐ることがある。この為、地方によっては普段腐ることがない梅干しが腐るため、何らかの異変が起きると言う迷信が伝えられている所もある。 現存最古のものでは、奈良県の中家に伝わる梅干しで、なんと天正4年(1576年)に漬け込まれたものが状態良好に保存されている(補充が利かないため試食はしていないという)。また、同家に同じく伝わる江戸時代の安永年間に漬けられた梅干しを試食したところ、全く問題なく食べられたという。 地方によって梅ではなく近隣種である杏を使用する場合がある([青森]、[岩手]の八助梅など)。 ウメ 梅酒 南高梅 うめぼしのうた 梅紫蘇巻 効用梅干には次のような効能があると言われている。唾液の分泌を促す クエン酸の酸味が唾液の分泌を促して消化吸収を良くするとされる。但し梅干を見ただけで唾液が分泌されるのは、梅干を実際に食べてみて酸味を感じた経験を有することに由来するのであって、梅干を食べたことがない人が梅干を見ても唾液の分泌を促すことはない(実際に口に入れて酸味を感じて初めて唾液が分泌される。特に梅干を食すことが少ない外国人は唾液が分泌されることは無い)。 疲労回復などの薬効 クエン酸の効能のほか、各種薬効があるとされる。そのために、病人食はおかゆと梅干が定番である。 解熱 梅干を潰し、おでこに貼り付けることにより熱を下げると言う作用。主に、老人の知恵袋的な療法である。 抗菌・防腐 抗菌の効能があるとされる。このことから、弁当やおむすびに梅干が入れられる。但し、1個丸ごと入れただけでは梅干しの周囲しか効果は期待できない。この為、潰してご飯と混ぜ合わせることが推奨される。また、弁当に入れるときはアルミなどの金属などを溶かすことがあるので注意が必要である。なお、この効能は伝統的な製法の梅干に限られ、減塩の梅干(調味梅干)ではこの効能は期待できず、弁当に入れると調味梅干が先に腐る場合すらある。 成分 たんぱく質・脂質・カルシウム・リン・鉄分・ビタミン・有機酸

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。