特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時32分
時点のものです。

<< 戻る

ドムス・アウレア[2002]赤

ドムス・アウレア[2002]赤
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: お酒の森川“ワインの宝庫”
発売日:
価格 商品名
6,300円
ドムス・アウレア[2002]赤
ジャン・パスカル・ラカーズが最終ブレンドと瓶詰めを担当したヴインテージ ぶどうの樹そのもののポテンシャルが非常に高いマクールでは、エルニーニョ現象の影響でバックヴィンテージとされた2002年であっても非常に凝縮し、テロワールを色濃く反映した葡萄が収穫できた。 カベルネ・ソーヴィニヨン95%、メルロ5% ■ギア・デル・ビノ3Grass ドムス・アウレア 世界的に認められたドムスは、ますます入手困難に 蔵出しバックビンテージの入荷です。 ・スペシャルセットはこちらからー ・ドムスの単品一覧はこちらから 一貫して“チリのテロワール”を追及しヴィンテージごどの違いが感じられるワインとして名高い「ドムス・アウレア」。そのドムスを産む畑はアンデス山麓のマイポヴァレーにあり、オーナーのリカルド・ペーニャの祖父の代からペーニャ家が所有。栽培面積はカベルネ・ソーヴィニヨンを中心にメルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドを合計約30ha。元々はコンチャ・イ・トロ、サンタ・リタ、エラスリスの高級ワイン用としてブドウを造っていたが、1995年にその畑をチリ最高のポテンシャルだと考えていた当初の醸造家イグナシオ・レカバレン氏と意気投合しワイナリーを設立。1998年11月にファースト・ヴィンテージのドムス・アウレア1996が発売されると主要各国のマーケットに驚きと絶賛をもって迎えられた。2002年にはフランス人醸造家ジャン・パスカル・ラカーズ氏を迎え徹底した品質重視のポリシーの元、商品のリポジショニング等の新しい取り組みがなされている。1997年からドムス・アウレアのセカンドワインとしてステラ・アウレアが誕生したが、2003年以降は女性的でエレガントなワインを追求したプレミアムワインの位置づけとして生産されており、毎年リリースされるわけではない。サードラベルであったアルバ・デ・ドムスがドムス・アウレアとステラのセカンドワインに。ブドウの栽培においては、全ての区画は100%ドムス・アウレアを生産する事を前提に栽培され、ボトリングの段階で3つのキュヴェとして瓶詰めされます。畑の栽培はオーガニックであるが認証を取得する予定はなし。   新醸造家ジャン・パスカル・ラカーズ氏による新生ドムス・アウレア時代2001年? イグナシオ・レカバレン氏は2003年の6月に辞職。 2002年にボルドー出身の若手フランス人のジャン・パスカル・ラカーズが新醸造家として迎えられました。 レカバレンの辞職とワイン造りの期間から生じるタイムラグによって、新醸造家ジャン・パスカルは2001、2002、2003の最終ブレンドとビン詰めを担当することになり、完全な彼のファーストヴィンテージは2004からになります。 オーナーである リカルド・ペーニャのコメント「ドムスは醸造技術よりもテロワールが大きく反映されたスタイルのワインであり、 大きな味の変化等はまったく考えていない。むしろ、新醸造チームの豊富な経験や知識によって、テロワールを表現しつつ、さらなる品質向上を期待している。」「気鋭の若手ジャン・パスカル・ラカーズの情熱と手腕に大いに期待している。ドムスも世代交をしました。 90年代と2000年代の違いについて チリワインの特徴のひとつとして香りにも味わいにも木の芽やミントを想わせる要素が大きく感じられる。ジャン・パスカル・ラカーズは2002年に畑の周りにあったユーカリの木の殆どを伐採し、ミント香と決別を図った。よってジャン・パスカル・ラカーズの手掛ける時代から味わいに変化があります。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。