特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時32分
時点のものです。

<< 戻る

ドメーヌ・ド・バヨリィ・バニュルス・サンカン・ダージュ

ドメーヌ・ド・バヨリィ・バニュルス・サンカン・ダージュ
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 京橋ワイン
発売日:
価格 商品名
2,814円
ドメーヌ・ド・バヨリィ・バニュルス・サンカン・ダージュ
大人気!!すでに324本完売!!さらに12本追加いたしました。2009.3.2色・容量赤750mlブドウ品種グルナッシュ・ノワール75%、グルナッシュ・グリ15%、カリニャン10%アルコール産地味わい甘口AOCバニュルスはラングドック・ルーション地方の最北端スペインとの国境沿い、地中海に面した天然甘口ワインの宝庫として名高い産地です。地中海に沿うように切り立った、海抜500mの断崖絶壁の上にある僅かな可耕地に、耕作用の土壌を運んで造られた段丘状の非常に日当たりの良い斜面が広がっています。ピレネー山脈からの吹き下ろしや地中海からの潮風によって土壌が削り取られるため、毎年土を補充していなければなりません。この地方では古くからブドウ栽培が盛んで、この辺りのブドウ樹のなんと70%以上が樹齢50年以上の古樹で、この切り立った太陽光線直撃の斜面の地形と乾燥気候とが相まって、素晴らしい天然甘口ワインを造ることができるのです。バニュルスは遅摘みによってワインの糖度を上げる貴腐ワインとは違い、発酵途中の果汁にアルコールを添加して発酵を停止させ、自然に生じるアルコール分を抑えて天然の糖度を高く保持したものです。つまり、果汁に含まれる糖分がすべてアルコールに変換されることがないようにアルコールを添加するので、この芳醇な甘みは、ブドウが本来持っている果汁の甘みなのです。添加されるアルコールにも度数や糖分に厳しい規定があり、特定の地域で選び抜かれた品種から作られています。このドメーヌ・ド・バヨリィでは、樫の樽で5年以上の熟成を経たバニュルスをブレンドして瓶詰め後、さらに地下のカーヴで瓶熟成させてから出荷をします。収穫年としてのヴィンテージ表記はありませんが、5年以上もの樽熟成という意味の[サンカン・ダージュ]がキュベ名となっています。バニュルスとチョコレートの相性というのは、現在では世界的に鉄則とまで言われる最強コンビですが、その始まりはフランス人ソムリエたちが、それまで難しいと言われていたショコラに合うワインを何とかして探そうと努力した末に、ついに唯一発見した最高のパートナーということが口コミで広がったという説があります。ショコラケーキの無いレストランには二度と足を運ばないと言われるほどのショコラ大好き大国フランスのソムリエとしては、必死の努力で見つけた大発見だったのかもしれません。現在ではフランス国内の3つ星クラスの高級レストランのほとんどで、バニュルスは食前食後酒として愛されています。バレンタイン大国の日本では、まだチョコレートと一緒にバニュルスを楽しむという習慣は馴染みが薄いようですが、ヨーロッパのスタイリッシュな最先端モードを紹介する情報マガジンとして本場パリジェンヌにもバイブル的存在の『VOGUE』2004年春号『バレンタイン特集』で、『チョコをワインで楽しむなら、コレ!!』として大々的に紹介されたように、これからは絶対にこのマリアージュが日本にも旋風を巻き起こすこと間違いナシ!!絶対に美味しい!! 妖艶トロトロなまさに天使の雫!!絶品極甘口赤ワイン、ロマンチックなとっておきディナーとともに、是非是非、ご堪能ください!!極上ロマンチック!!絶品甘口赤ワインの王様『バニュルス』!!【チョコレートの究極パートナー!!】妖艶な高級ルビーにカカオがとろける悩殺!! 奇跡の味わいに絶句!!魅惑の聖夜に甘?い天使の雫!! オトナのディナーはロマンチック最高潮!![ドメーヌ・ド・バヨリィ・バニュルス・サンカン・ダージュ]いよいよ聖なる夜、バレンタインデーも間近です!!今年は一味違ったオトナのバレンタインを体験したいあなたは絶対必見!!チョコレートにプラスしてこの『バニュルス』で聖なる夜を演出したならば、あなたの女っぷりは100倍上がります!!チョコレートよりお酒が好きな彼にもピッタリピッタリです!!『チョコをワインで楽しむなら、コレ!!』ヨーロッパのスタイリッシュな最先端モードを紹介する情報マガジンとして、本場パリジェンヌにもバイブル的存在の『VOGUE』2004年春号『バレンタイン特集』で、『チョコをワインで楽しむなら、コレ!!』として大々的に紹介されたラングドックの極甘口赤ワイン『バニュルス』。そのなかでもオススメとしてボトル掲載をされたのが、今回ご紹介の[ドメーヌ・ド・バヨリィ・バニュルス・サンカン・ダージュ]!!『ヨーロッパでは、ディナーの後にチョコとお酒で一服するのはオトナの常識である!!』とVOGUEの記事にもあるように、極甘口ワインをさらに甘いチョコレートで楽しむのは、『オトナ』なんです!!私も正直、甘・甘過ぎてどうかしら?!と半信半疑だったのですが、インポーターさんから頂いたサンプルをチョコレートと共にテイスティングしてみたんです。その味わいと言えば・・・グラスに注ぐと、さすが5年の樽熟成!!と思わせる上品な高級ルビー色がねっとりとグラスの側面をつたってまずウットリ!!そして、苺やフランボワーズ、チェリーの甘?い香りとその奥に葉巻やバニラの樽香が怒濤のごとく押し寄せてくるのです!!口に含むともう、気分はロマンチック最高潮!!重すぎない甘みと酸味のバランスが心地よくて、強めのアルコールに乗って強烈な果実味が溢れんばかりなんです!!もうすっかりその魅力にノックアウトされてしまったのですが、肝心のチョコレートをここで一口。すると、さらに驚愕!!それまでの甘?い口当たりが一転!!口の中のチョコレートの甘みを逆に上品に拭ってくれるかのように、スッキリとした『甘くない』後味に変身するんです!! これは不思議!!程よい酸味がチョコレートの重たさを一転『オトナ』の味わいに変貌させる!!まさに究極のマリアージュです!!こんな幸せあっていいのかしら?!と思える絶対に美味しい1本!!甘いモノ苦手な方も、絶対一飲の価値アリ!!ロマンチックな聖夜のディナーにはこれで絶対に決まり!!大切なパートナーと、チョコレートの究極パートナーをタップリとご堪能ください!!※※ そして、今回はバニュルスをさらに100倍楽しむためのお料理レシピをご紹介!!『甘口ワインって全部飲みきれないかも・・・』というあなた!!この美味しさにハマればそんな心配は全くご無用で飲み干してしまうでしょうが、こちらのレシピの【とっておきバニュルス活用術】も是非ご参考にどうぞ!! ※※[ドメーヌ・ド・バヨリィ・バニュルス・サンカン・ダージュ]を使ったバニュルスを100倍楽しむレシピ!!

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。