特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時32分
時点のものです。

<< 戻る

幻のスパークリングが遂に入荷!!あの『神の雫』に登場しながら誰も手にできなかった幻中の幻!! ヤラバーン・スパークリング 2006

幻のスパークリングが遂に入荷!!あの『神の雫』に登場しながら誰も手にできなかった幻中の幻!! ヤラバーン・スパークリング 2006
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: YNSトウキョー(ワインズ東京)
発売日:
価格 商品名
3,339円
幻のスパークリングが遂に入荷!!あの『神の雫』に登場しながら誰も手にできなかった幻中の幻!! ヤラバーン・スパークリング 2006
凄い人気!!2005年は大好評いただき、確保することができた124本が瞬く間に完売!!2006年も前回30本が瞬く間に完売!!今回12本だけ入手いたしました。今回も瞬く間に完売することが予想されます!!何卒、お早めにお求めください。2009.2.18『神の雫』のコミックスはこちら白泡750mlピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエこれなら飲める 第三六回ヤラ・バーン スパークリング ピノ・ノワール シャルドネ ピノ・ムニエ 二〇〇五年シャンパーニュとはひと味違う夏らしいスパークリングワイン こんなに暑い季節は何処かに出かけるのも億劫である。だから休みの日には、近所のカフェくらいにして、きりりと冷えたスパークリングワインでも飲むに限る。でも、昼間から高額なシャンパーニュを飲むには、どうも雰囲気に欠ける。じゃあ、薄っぺらなスパークリングワインで済ませるのかと言うと、それもつまらない。今回はスパークリング以上、シャンパーニュ未満との希望にはぴったりの、しかも満足度の高いオーストラリア・スパークリングワイン「ヤラ・バーン」を紹介する。ヤラ・バーンは国内最大手ハーディーズ社の傘下にある。その指揮を執るのは、オーストラリアのスパークリングワイン造りでは最も輝かしい実績を持つエド・カーである。筆者が同社を訪ねたとき、彼みずからテイスティングに立ち会ってくれたのはうれしかった。色々と訊いてみたいことがあるし、いまのスパークリングワイン市場を何とかして欲しいと思ったからだ。読者の皆様もお気付きかもしれないが、いま三?五千円のスパークリングワインが空洞化している。以前はスタンダードクラスのシャンパーニュがこの価格帯を担っていたものの、近年の高騰である。一方、シャンパーニュ以外の生産者のほとんどは、張り合っても勝ち目がないと考えていたように見える。以前と変わりなく、いまも二千円未満の気軽なものを手掛けるにとどまっている。確かに同じ土俵で競うのは大変である。それでも彼は「ヴィクトリアやタスマニアなどの冷涼地は、シャンパーニュに並ぶ潜在性がある。同じように深みがありながらも、爽やかに仕上がる」と語る。言われてみれば、シャンパーニュは素晴らしいワインなのだけれども、やはり飲むに相応しい場面がある。最も手軽なスタンダードクラスでも、熟成感や重厚感が表現されている。これを刺身や鮨にあわせるのはちょっと難しい。その熟成感や重厚感が却って、魚の風味を台なしにしてしまい、粘っこくて生臭くなることがある。シャンパーニュのブラン・ド・ブラン・タイプで熟成感が強くないものは相性もよいが、値段は跳ね上がる。だから、マリネやカルパッチョにして、魚を〆るのが逃げ道というか、普通の相性となる。それでも鮨や刺身を食べたいとき、あるいは先のようなときも含め、筆者も常々に爽やかで手頃でいながらも、満足度の高いスパークリングワインがないものかと探していた。「いまは一部の評論家が好む重いワインばかりが誉められる。深みという基準があっても良い」という言葉の通り、筆者は探していたものに出会えたような気がした。幻のスパークリングが希少限定入荷!!あの『神の雫』に登場しながら誰も手にできなかった幻中の幻!!限定30本のみ!!『これぞオーストラリアのドン・ペリニョンだぁ!!!!!』なんと16回連続【ベスト・スパークリングワイン賞】を受賞した神の凄腕が造る幻の逸品!!『筆者は探していたものに出会えたような気がした!!』あのDRCサイトウ氏が大絶賛した!!毎回瞬く間に完売しています!!某高級レストラン用としてしか輸入されていない超入手困難スパークリング!![ヤラバーン・スパークリング 2006] 皆さんーーーー!!!!!特に特に、前回手にすることができなかった方は、大変お待たせいたしましたぁーーーーーー!!!!!。あの『神の雫』に登場しながら、これまで誰も手にできなかった幻中の幻スパークリングが、また入荷してきたんですー!!。とはいっても、今回は前回よりも数が少なく限定30本のみのご紹介となりますので、いつも以上にお早めに、そして素早くお買い求めいただければと思います!!!。ここ日本では輸入されるその極僅かが某一流ホテルの中にある高級レストラン用のスパークリングとしてしか輸入されておらず、本来ならば皆様にご紹介できない、まさにまさに      【幻のスパークリング!!!】そんな誰も手にできない逸品を、インポーターさんのご厚意で、極僅かですが分けていただけることになり、皆様だけに特別にご紹介させていただきます!!。『ヤラバーンというスパークリングは手に入りますか?』あの人気漫画『神の雫』の名コラムニストDRCサイトウ氏から、この質問を何度受けたことでしょう?。彼が現地オーストラリアの数々のワイナリーを視察している時に、このスパークリングを造りし凄腕と出会い、特別に紹介されたこの味わいに一目惚れしてからというもの、彼が日本に輸入されるのを待ち焦がれながらも、インポーターさんのご厚意で遂に遂に感動とともに『神の雫』で『筆者は探していたものに出会えたような気がした!!』と強く大絶賛しながら激賞紹介されたほどの、彼にとっても幻のスパークリングというわけです!!。その名も[ヤラバーン・スパークリング 2006] !!!!![ヤラバーン]は、オーストラリアはヴィクトリア州ヤラヴァレーの南側、冷涼な気候の銘醸地として名高いエリアで造られ、そんな冷涼な気候を利用して、まさにフランス・シャンパーニュと全く同じ、シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエといった高級ブドウ品種から、スパークリングワインを造るプレミアム・ワイナリーです。しかも今回ご紹介のスパークリングは、オーストラリアNo.1のスパークリング醸造家エド・カー氏が、まさにシャンパンと同じ瓶内二次発酵で造られる超本格スパークリング!!。つまりは、ブドウから製法まで、まさに高級シャンパンと全く同じスパークリングというわけです!!。しかも、このエド・カー氏が凄いんです!!。1999年から2000年にかけて、オーストラリアの主要都市で開催されるワインショーで実に16回連続して、   【ベスト・スパークリングワイン賞】を受賞!!。さらには1997年以降、彼と彼の率いるスパークリングワインチームは、[ロイヤル・メルボルン・ワインショー]で9年連続して、   【ベスト・スパークリングワイン賞】を受賞し、これを含む66個ものトロフィーを獲得!!。そんなまさに【オーストラリアのドン・ペリニョン】たる凄腕が造る極上の逸品なんです!!。DRCサイトウ氏はこうコメントしています!!『シャンパーニュは素晴らしいワインなのだけれども、やはり飲むに相応しい場面がある。最も手軽なスタンダードクラスでも、熟成感や重厚感が表現されている。これを刺身や鮨にあわせるのはちょっと難しい。その熟成感や重厚感が却って、魚の風味を台なしにしてしまい、粘っこくて生臭くなることがある。それでも鮨や刺身を食べたいとき、あるいは先のようなときも含め、筆者も常々に爽やかで手頃でいながらも、満足度の高いスパークリングワインがないものかと探していた。「いまは一部の評論家が好む重いワインばかりが誉められる。深みという基準があっても良い」という言葉の通り、筆者は探していたものに出会えたような気がした。』深味を追及し、刺身や鮨に代表される日本の和食との相性が抜群!!。つまりここ日本では、どんな高級シャンパンよりも、比類なきマリアージュを堪能できるというわけです!!。その味わいたるや、『輝きのある若い麦わら色で、平均的な粒径の泡立ち。柑橘類やリンゴに加えて、軽いミネラルの雰囲気を伴う風味。熟成感や重厚感は強くない割に、葡萄の成熟度の高さを感じさせる適度な堅さや深みがある。余韻も長めで、引き締まった辛口の仕上がり。』とDRCサイトウ氏が評する通り、鮮明なる果実味が見事なる上質な泡立ちとともに、口の中で綺麗にそして心地よく広がるんです!!。この季節、新鮮な魚介を満喫するならば、何を差し置いてもこのスパークリンクです!!。深味ある素晴らしい味わいをたっぷりとご堪能ください!!。希少限定30本のみ、今回も追加入荷はありません!!いつも以上にお早めにお求めください!!。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。