特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時32分
時点のものです。

<< 戻る

★ワインメーカー自慢の真のピノ・ノワール★ロバート・モンダヴィ・ピノ・ノワール・リザーヴ [2006]年≪限定生産≫

★ワインメーカー自慢の真のピノ・ノワール★ロバート・モンダヴィ・ピノ・ノワール・リザーヴ [2006]年≪限定生産≫
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: アーベンワインショップ
発売日:
価格 商品名
5,355円
★ワインメーカー自慢の真のピノ・ノワール★ロバート・モンダヴィ・ピノ・ノワール・リザーヴ [2006]年≪限定生産≫
※正規輸入元取扱い品Robert Mondavi / Riserve Pinot Noir 2006California Red Dryロバート モンダヴィ ピノ ノワール リザーヴ 生産者 ロバート・モンダヴィ・ワイナリー 生産地 カリフォルニア州ノース・コースト地域ナパ・ヴァレー地区ロス・カーネロス AVA ロス・カーネロス ブドウ品種 ピノ・ノワール100%(カーネロス産) 収 獲 手摘み収獲 生産工程 *涼しい朝の限られた時間内に全て手摘みで収獲。 *小さな運搬用の箱でワイナリーまで運び軽く圧搾し、上部開放式のオークの小樽で野性酵母をもちいて醗酵。(約14日間のスキン・コンタクト) *ブルゴーニュ型のフレンチ・オークの小樽(2006ヴィンテージ:新樽率100%)に移し、12ヶ月間(2006ヴィンテージ)の熟成。(マロラクティック醗酵は長め) *ノン・フィルターで瓶詰め。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 しなやかでシルクのようなタンニンとバランスの取れた酸が、長い熟成を約束しています。 料理 チーズ 最高級のブルゴーニュワインと合わせる感覚で、仔羊と野菜のトマト煮込み、鴨のローストなど肉の味わいがしっかりとした料理にあう。 2006 ヴィンテージ 情報 アドヴォケイト・ヴィンテージガイド:87点 WSヴィンテージ・チャート(カーネロス地区):83点  カーネロス地区の2006年は冷涼な年で、成熟にバラツキが生じたものの、収穫は大規模で、ピノ・ノワールにとってはとりわけ重要なヴィンテージ。 ※モンダヴィ2006ヴィンテージ情報:  2006年の春のカーネロス地域は湿度が高かった上に、3月ひと月の降水量が平年の3倍で、しかもその雨は5月まで長引いたために開花が遅れましたが、雨が止んでからは、ブドウ木には上質な果実が実り、例年よりも僅かばかり暖かかった7月の間にゆっくりと着実に進行しました。7月になると4日間連続で華氏100度(約摂氏37.777度)を超える短いながらも暑い日があり、8月の穏やかな天候が戻った時に成熟を続けるようにブドウ木を持ちこたえるために努力を要し、9月になると霧が頻繁に発生し、冷涼な天候が訪れました。 一般に、霧が多く発生した年はより色づきが良い果実が生り、ピノ・ノワールにとってはとりわけ重要となります。  10月に入ると例年よりもさらに寒い日々が戻り、全体として、2006年は例年よりも影響のある冷涼な生育シーズンで、収穫は遅かった春の訪れと季節遅れの低気温のために長期に渡り、カーネロスでは最後に収穫が実施され、9月9日にワイナリーに最初に摘まれたピノ・ノワールが届き、そして10月24日に収穫が終了しました。  モンダヴィでは例年並みの収穫量が得られ、長いハング・タイム(果実が木に生ったままの状態)のおかげで、ブドウ果はゆっくりと均等にムラなく成熟し、素晴らしい傑出した品質を手にしました。 ワイナリー’Sコメント: *表情豊かで、複雑性に富んだワインを造るために土壌と気候が連携したナパ・ヴァレーのカーネロスの地域の中で最も素晴らしいブドウ園のブドウから造っています。 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーのリザーヴ・ピノ・ノワール2006は優美で、概して美味しく、ワイン造りの監督ジュヌヴィエーヴ・ジャンセン女史も「本物のピノ・ノワール」と語っています。 *テイスティング  鮮やかなガーネットの色は、響き渡るような新鮮な風味の最初の兆候で、熟した赤い果実や風味の良いセージや、フランス産オーク新樽100%の使用によってもたらされた香ばしいキャラメルの香りを放つ生き生きとしたワインで、口の中で、新鮮なくクランベリーやチェリーの風味がアニスや緑茶の趣をもてあそび、シルクのように滑らかな感触の余韻がいつまでも持続する素晴らしくしなやかなタンニンの中におさまっています。 ★ワインメーカー自慢の真のピノ・ノワール★≪限定生産アイテム≫ロバート・モンダヴィリザーヴ・ピノ・ノワール 2006年 ■ロバート・モンダヴィ・ワイナリー■  新興ワイン産地、カリフォルニアのナパ・ヴァレーに1966年イタリア系移民でワイン会社を営んでいたロバート・モンダヴィ氏が息子のマイケル・モンダヴィ氏と設立し、高級ワイン造りに取り組み、みごとに実現させた、カリフォル二ワインのリーダー的存在のワイナリーです。 栽培品種のこだわり、最新の醸造・熟成法を積極的に導入する革新性は、その名を世界に轟かせ、1979年にはボルドーの第1級シャトーのムートン・ロートシルトと「オーパス・ワン」を、1995年にはイタリアの名門フレスコバルディ家と「ルーチェ」をジョイントではじめています。 現在カリフォルニア州内に6つのワイナリーを所有し、チリ、イタリア、南フランスのワイナリーとも提携し、合計3000haの畑から年間約700万ケース生産し、アメリカ国内だけでなく、世界90カ国に及ぶ国々で愛されています。(・・・詳細&一覧) ■ロバート・モンダヴィ・「リザーヴ」シリーズ■  発祥の地であるワイナリーで醸造されたプレミアム・バラエタルの旗手的存在の「ロバート・モンダヴィ・リザーヴ」シリー ズは、ロバート・モンダヴィ・ワイナリーの最高峰シリーズです。 ロバート・モンダヴィのロバート・モンダヴィのシャルドネとピノ・ノワールが生まれるカーネロスの地域は、サンパブロ湾からの海風涼風が吹きぬけるナパ・ヴァレーで最も冷涼な地域で、夏でも最高気温は27℃ほどにしか上がらず、日中と夜間の気温差はあまり大きくなく、この特徴を生かし、ミネラル感や適度な酸味と、凝縮した果実香をもつシャルドネとピノ・ノワールが収穫されます。 カーネロス地区の土壌は粘土が多く、一般的に表土は浅いといわれ、堅い粘土の岩盤があることから、ブドウの根が深く伸びることが難しく、そのため収量が少なく、ワイナリーのピノ・ノワールの最高峰であるリザーヴ・ピノ・ノワールも非常に生産量が限られた限定アイテムになっています。 リザーヴ・ピノ・ノワールは、カーネロス地区を中心とする、丁寧な手作業による最も傑出した低収量のピノ・ノワール100%を使用し、フレンチオークの小樽で13ヶ月間、丁寧に熟成させた贅沢なアイテムで、しなやかでシルクのようなタンニンと、バランスの取れた酸が長い熟成を約束し、魅力的な甘いブラックチェリー、燻煙、ミネラルや香ばしい香りがしとやかな芳香の中に見られ、構成や風味に複雑性に富んだ香りが引き出されています。(・・・一覧) ※モンダヴィ’Sカリフォルニア2006ヴィンテージ情報:  2006年のカーネロスは春の多湿と長雨のために開花が遅れたものの、7月にゆっくりと成熟し、8月の霧の多発生のおかげで、より色づきが良い果実が生り、ピノ・ノワールにとってはとりわけ重要なヴィンテージとなり、モンダヴィでは例年並みの収穫が得られ、また長いハング・タイムのおかげで、ブドウ果がゆっくりと均等にムラなく成熟し、素晴らしい傑出した品質を手にしました。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。