特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時32分
時点のものです。

<< 戻る

FWRHバリック(小樽)発酵にて造られる最高級品5P20Feb09コンダミン・ベルトラン・パルファム・デリクシール[2004] 750ml

FWRHバリック(小樽)発酵にて造られる最高級品5P20Feb09コンダミン・ベルトラン・パルファム・デリクシール[2004] 750ml
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 橋本屋 ワイン館
発売日:
価格 商品名
4,780円
FWRHバリック(小樽)発酵にて造られる最高級品5P20Feb09コンダミン・ベルトラン・パルファム・デリクシール[2004] 750ml
   ■Condamine Bertrand (コンダミン・ベルトラン)                            200年という歴史を持つラングドックの有名な生産者、コンダミン・ベルトラン。この造り手はなんと畑の総面積が50ヘクタールにもなり、総生産本数は30万本にも及びます。しかしながら驚くべきことにその全てがすぐに完売してしますほどの人気ワイナリー。その販売先はオランダ・ベルギーなどのヨーロッパをはじめアメリカ、日本など世界中に輸出され人気を誇っています。人気の秘密は樹齢40?50年という古木で、なおかつ広大なこの畑を全てビオ・ディナミにて栽培しています。彼らが持つ畑は地中海山脈に守られた緩やかな変化に富む丘陵地帯で真南の斜面のビアフランカ斜面に広がっています。ビアフランカ斜面はセヴェンヌ山の麓の海抜90メートルにあり、地中海に侵食されて作り出され、ブドウ栽培にとって非常に重要な役割を果たしています。そこに植わるメルローやカベルネ、シラー、グルナッシュ、ルーサンヌなどは樹齢が40年?50年、クレレットは樹齢100年にもなります。ぜひ日本のファンの方へと少量だけ分けていただいた逸品です。   Parfum D'Erixir 2004 (パルファム・デリクシール)                                          年産1200本のみ                                  バリック発酵!    品種 シラー60%、カベルネ・ソーヴィニオン40% (平均樹齢40年)   ヴァン・ド・ペイ・ドック   熟成 バリック発酵、新樽12ヶ月 濃い紫色。よく熟した黒果実の香りにスパイス、ほのかにバニラの香りもあり複雑。上品でまろやかな口当たりに濃厚でパワフルなアタックがある。存在感がありながら繊細なタンニン。密度の濃いボリューム感のある味わいの中にきめ細かい繊細な味わいが介在している。濃く、パワフル、繊細、緻密さまざまな印象が顔を見せるワイン。  日本のファンのために特別に分けていただいたスペシャル・キュベ!コンダミン・ベルトランがラングドック初といえるバリック発酵にて生み出したワイン!                           コンダミン・ベルトラン               パルファム・デリクシール      Parfum D'Erixir            年産1200本のみ! 生産者曰く『他でやっている生産者は知らない!』という    バリック(小樽)発酵にて造られる最高級品!!       ラングドック・グランヴァン!!!  ■バリック(小樽)発酵 近年注目を集める醸造法、バリック発酵。ラングドックでは珍しく(生産者は『他でやっているところはラングドックにおいて知らない』という)この醸造法、バリック発酵を使い2003年が初ヴィンテージにて生み出されました。  ≪バリック発酵とは?≫                                    小樽のふた(通常は木製) 通常ワインは収穫されたブドウを選果し、破砕したのち発酵を行います。通常は発酵槽を用いて行われますが、バリック発酵はここで小樽を使用します。小樽のふたにブドウを入れられるように穴の開いた特殊な樽を使います。  収穫 ⇒ 選果 ⇒ 破砕 ⇒ 一次発酵 発酵はブドウの皮と果汁を一緒にし発酵させ、ブドウの皮や種に含まれる色素やタンニンを抽出します。しかし発酵が進むと炭酸ガスが発生し、ブドウの皮が炭酸ガスの影響で押し上げられ上に浮いてきます(果帽)。ここで通常果汁と皮が効果的によくなじむようにルモンタージュ(タンクの下部からワインを抜き上から果帽にかける)やピジャージュ(果帽を再度沈める作業)を行いますが、バリック発酵ではこの代わりに樽ごと回転させ混ぜ合わせます。(そのため回転用の特別な台を使用します)                    樽ごと回転させ果帽と果汁を混ぜ合わせる また発酵中は液温が上昇します。ここであまり温度が上昇してしますと、ワインの風味が損なわれてしまうため温度管理を行います。しかしバリック発酵ではこの液温が上昇せずスムーズに発酵が行われるそうです。                  回転できる特製の台       このバリック発酵を行うことで、オーナーも『濃縮された濃い溶け込んだタンニンが得られ、繊細なアロマと豊かエレガントなワインに仕上がっている』と話してくれます。  そもそもこのラングドックでも稀なワインは造り手のコンダミン・ベルトランがお世話になっており方々へお礼のために造ったスペシャルキュベ!その数も初ヴィンテージ2003年は僅か400本、今回入荷の2004ヴィンテージでも僅か3樽のみ(1200本)だけという特別なものです。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。