特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時32分
時点のものです。

<< 戻る

『びっくりした!!感動的に美味しい!!』その名も【白鳥の湖】極上偉大なるサンジュリアンが驚愕の2980円!!レ・シーニュ・ド・サンジュリアン 2006

『びっくりした!!感動的に美味しい!!』その名も【白鳥の湖】極上偉大なるサンジュリアンが驚愕の2980円!!レ・シーニュ・ド・サンジュリアン 2006
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: YNSトウキョー(ワインズ東京)
発売日:
価格 商品名
3,129円
『びっくりした!!感動的に美味しい!!』その名も【白鳥の湖】極上偉大なるサンジュリアンが驚愕の2980円!!レ・シーニュ・ド・サンジュリアン 2006
赤750mlカベルネ・ソーヴィニョン主体メルロー、プティ・ヴェルド(若干)『びっくりした!!感動的に美味しい!!』その名も【白鳥の湖】極上偉大なるサンジュリアンが驚愕の2980円!!【これぞ日本人魂!!本場メドックでこの味が造れるのはラグランジュだけだ!!】偉大なる第三級[シャトー・ラグランジュ]と全く同じ畑、同じ醸造法にして意地の採算度外視!!絶対に絶対に絶対に買ってください!!あの帝国ホテルも激賞しながら使用する凄い人気!!『見事なる骨格!!濃厚なるスミレの風味!!偉大なるミネラル!!』あまりにも安い!![レ・シーニュ・ド・サンジュリアン 2006]    【世界一安い極上偉大なるワイン!!】こう形容するに最も相応しい、素晴らしいワインを本日ご紹介させていただきます!!。2980円という価格にしてこれほど偉大なる味わいが満喫できるワインは、間違いなく他にはないでしょう!!。『メドックの4つの有名な村の中では最小だが、クリュ・クラッセの集中度が最も高く、そのほとんどがブドウ栽培の最高の地である。』[世界のワイン]著者ヒュー・ジョンソンもこう語る、まさにボルドー・メドックに燦然と輝く偉大なる産地AOCサンジュリアン!!!。・シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ・シャトー・デュクリュ・ボーカイユ・シャトー・グリュオ ラローズ・シャトー・レオヴィル・ポワフェレ・シャトー・レオヴィル・バルトンどれも時価一万円を軽く超える、こんな偉大なる第二級格付シャトーを筆頭に、この[AOCサンジュリアン]の産地名の付くワインは、どれも高級偉大なる味わいと風格を持ち、まさにワインを愛する人間にとって感動の源のような、そんなワインが本日2980円という驚愕の価格で皆さんにご紹介することができるんです!!!!!!!。しかも、これぞ日本人魂!!、そして大和職人としての意地なくしては絶対にありえなかった、本当に見事な見事なワインの登場です!!!。是非とも、是非とも、この素晴らしい偉大なるサンジュリアンをたっぷりと体感していただければと思います!!。その名も[レ・シーニュ・ド・サンジュリアン 2006]!!!!!!!!今回、インポーターさんからの強烈なるオススメがあって私も当店スタッフも初めてこのワインを飲ませていただいたんですが、感動的に美味しい味わいと、その驚くほど安い価格に、心底びっくりしました!!。その日はインポーターの担当者さん、ボルドー大学卒の有名ティスターさんと食事をしながら7種類ボルドーワインを味わったんですが、何も知らずに飲んだこの偉大なる味わいに驚いて聞いてみると、メドック第三級格付で、今は日本のサントリーさんが所有するシャトー・ラグランジュのサードワインとのこと。サードワインとは、文字通り、三番目のワインでよく言うセカンド・ワインの次のワインという意味です。フランスのワイン法では、セカンドワインまではシャトーの名前をつけてよい、ということになっていて、このシャトーの場合は、ファーストワイン[シャトー・ラグランジュ]セカンドワイン[レ・フィエフ・ド・ラグランジュ]という名前でリリースされ、その下のクラスのワインとして[シャトー・ラグランジュ]がリリースしているワインです。他の有名シャトーでもサードワインを造られることがあるんですが、私の記憶において、正直今回以外に、このサードワインから偉大なる味わいを感じたことはありませんでした・・・。恐らくシャトー名を名乗らなくても良いということや、三段階のセレクションともなると、やはり一番下のサードワインの品質的にはブドウ樹齢が若すぎたり、他の畑のブドウを買い足したり、醸造に手間をかけなかったりと、どうしてもチープなものになってしまうのは、仕様がないことだと思っていたんですが、そんな私の常識を見事に打ち破ってくれたのが、このワインだったんです!!!。正直、どうしてこんな偉大なる味わいがサードワインの中に溶け込んでいるのか、びっくりするのと同時に、信じられませんでした!!。そのことを質問すると、ボルドー大学卒で[シャトー・ラグランジュ]のことを良く知る彼は、     『これは日本人の意地ですよ!!』とビシッと一言!!。現在[シャトー・ラグランジュ]の副社長を務める椎名敬一さんは、2004年に着任すると同時にファーストワイン[シャトー・ラグランジュ]の更なる向上を目指してこのワインの開発を進め、全く同じ畑のブドウを使用して、全く同じ醸造方法で、唯一違うのは使用する樽が100%オーク古樽というところだけ。(ファーストは新樽比率60%、セカンドは20%)。1960?1970年代、センドーヤ家の所有の頃に荒廃してしまったこのシャトーを1983年にサントリーさんが買い受け大幅な改造が始まったんですが、最も大きい改革は、当時植わっていたブドウを大幅に植えかえ、メルロー主体からカベルネ・ソーヴィニョン主体に大転換!!。この偉大なる[AOCサンジュリアン]の土壌特性を考えれば当然のことなんですが、この植えかえによって樹齢を重ねる間、その偉大なる味わいを我慢しなければならない、そんな大英断を行います!!。そしてそして、今回ご紹介の2006年ヴィンテージにして、植えかえてから23年!!。平均樹齢20年にまで育ったブドウを目の前にして、椎名敬一さんはサードワイン開発を英断したわけです!!。つまり畑の面積は変わりませんので、このサードワイン導入により、セカンドワインそしてファーストワインともに生産量は減り、その分、品質は著しく上昇するわけですが、2980円という価格はシャトー全体の収益が下がることになり、まさに採算度外視の取り組みを英断したことになるんです!!。(ファースト時価約8000円、セカンド約時価5000円)フランス人にもなかなか真似ができない、こんな奥深い日本人魂と大和職人魂たるこの大英断を、ボルドー大学卒の彼は 『これは日本人の意地ですよ!!』と絶叫したわけです。まぁまぁまぁ!!!、こんな日本人の誇りたる味わいを、皆さん、飲まないわけには絶対にいきません!!。東京・日比谷の帝国ホテルでも激賞しながら、この日本人の誇りを数多くテーブルに上げているそうです。その味わいたるや、『その見事なる骨格、そして濃厚なるスミレの風味、偉大なるミネラル感は、どこをどう味わっても、まさしくサンジュリアンです!!。椎名さんは、このワインを【果実味】と【クラシック】と二つの言葉で表現していますが、2006年にしてすでにスミレの花開いた美味しく艶やかな果実味が満喫でき、そして偉大なるサンジュリアンの伝統的な奥深さと立体感を感じさせてくれる骨格と慈愛に満ちたミネラル感は、まさにこれぞ伝統のサンジュリアンたる味わいです!!』この先、このラグランジュの畑に植わるブドウ樹は歳を重ね、毎年さらに偉大になっていくことは間違いなく、サードワインたるこのワインも、今よりもっと偉大になることは、絶対に間違いありません。そう考えると、2980円で堪能できるなんて、この先、もう二度とないことかもしれません!!。名前の[レ・シーニュ]は、日本語で【白鳥】。シャトー・ラグランジュの回りに広がる池に棲む【白鳥】のようにエレガントさを感じてもらいたい・・・という大和魂から生まれた、まさにワイン版【白鳥の湖】です!!。こんな素晴らしい日本人の誇りたる味わいを、本当に皆さん、今飲まないわけには絶対にいきません!!。是非とも、是非とも、ゆったりと、そして優雅な気分でたっぷりとこの素晴らしい味わいをご堪能ください!!。心の底から超超超オススメです!!。 ギフト配送をご希望の方はこちらをご覧ください

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。