特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時31分
時点のものです。

<< 戻る

【1本から送料無料!!】2千円以下なのにラグジュアリー!5000円前後のボルドーに匹敵する味わいをもった1890円![2006] シャトー・ジュクラリー・フ・デ・シェーヌ【赤・フルボディ】

【1本から送料無料!!】2千円以下なのにラグジュアリー!5000円前後のボルドーに匹敵する味わいをもった1890円![2006] シャトー・ジュクラリー・フ・デ・シェーヌ【赤・フルボディ】
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: ル ヴァン ヴィヴァン
発売日:
価格 商品名
1,890円
【1本から送料無料!!】2千円以下なのにラグジュアリー!5000円前後のボルドーに匹敵する味わいをもった1890円![2006] シャトー・ジュクラリー・フ・デ・シェーヌ【赤・フルボディ】
■2千円以下なのにラグジュアリー!■5000円前後のボルドーに匹敵する味わいをもった1890円!■近年の注目度のNo.1の南仏ワイン産地「カバルデス」産!■2千円以下なのにラグジュアリー!この赤ワインを初めて味わったとき、「2000円以下なのに、なんて高級感のある贅沢なラグジュアリーな味わいなんだ!」と思ったんですが、ラベルにあるワイン名を読めば、「シャトー・ジュクラリー」と書いてあります。それ以来、嘘のような本当の話なんですが、私は、どうもこのワインの“本名”を間違えます。「え?と、あの… なんてワイン名だっけ…?」「そうそうあのワイン、シャトー・ラグジュアリー…」と、そこでいつも文屋店長にツッコまれるわけです。「いや、ラグジュアリーじゃなくて、『ジュクラリー』ですって。」と(笑)。でも、私は個人的にこのワインのことを「シャトー・ラグジュアリー」と呼ぶことに勝手に決めてしまったのでいつまでたっても、このワインの“本名”を覚えられません。。(笑)■5000円前後のボルドーに匹敵する味わいをもった1890円!ラグジュアリー/"Luxury"とはご存知の通り「贅沢品、高級品」という意味。そう!まさにこの赤ワインは、「贅沢品、高級品」な味わいを持った1本。なのに、価格はたったの1890円なんです♪このワインの正式名称は、「シャトー・ジュクラリー・フ・デ・シェーヌ」“フ・デ・シェーヌ”というのはフランス語で樽で熟成しているということですが…「樽で熟成」というだけでそもそも、1890円の赤ワインとしては“ありえない贅沢”。熟成に樽を使うだけで、ワインの製造コストって高くなるんです、実は。なぜなら“樽”自体が高価だからですが、だからこそ贅沢品である“高額な”ワインには樽が使われています。(安価なワインはふつうステンレスタンクかコンクリートタンクで熟成されています。)なので、この価格帯で樽熟成していること自体が奇跡的。にも関わらず、それにも増してこのワインの凄いところは、なんと高級ブルゴーニュなどに使用される“アリエ産の小樽”を使っているところです。さらに!このワインは南仏のAOCワインなんですが、数々の高級なボルドーワインを生み出すカベルネ・ソーヴィニョンとメルローも使用しているんです。と、ここで、「?」と思われた方は、相当勉強熱心なワイン愛好家。「南仏のAOCワインでカベルネやメルローを混醸できるAOCなんてあったけ?」という…■近年の注目度のNo.1の南仏ワイン産地「カバルデス」産!このワインのAOCは南フランスの「カバルデス」。ここは、ラングドック地方の最西部の標高200?400mの高地に位置し、その標高の高さと、恵まれた日照量、山からの冷涼な風など葡萄栽培に適した気候であり、今注目されている産地のひとつです。地中海性気候の影響が弱まり、大西洋の影響が強くなる地域でもともとボルドーに似た魅力的な味わいの赤ワインを生み出すことで定評のある土地でした。そして1999年にAOCに認定された際に、南仏で唯一カベルネ、メルローそしてカベルネ・フランの使用が認められたのです。そしてその「カバルデス」産のワインは、南フランスとボルドーの両方の魅力を合わせ持つ大変嬉しいもの。☆何しろ安い!☆何しろ旨い!5000円前後のボルドーに匹敵する味わいをもった1890円!Text by 三積 龍

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。