特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時34分
時点のものです。

<< 戻る

ヤルデン・オータル・シラー 2004

ヤルデン・オータル・シラー 2004
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 京橋ワイン
発売日:
価格 商品名
6,174円
ヤルデン・オータル・シラー 2004
色・容量赤750mlブドウ品種シラー100%アルコール産地イスラエル、ゴラン高原、オータル畑味わいこちらの商品は専用のオリジナルBOXにお入れしてお届けします!今や世界中で、イスラエルワインといえば、[ヤルデン]!!。フラッグシップともいえる[カツリン・カベルネ・ソーヴィニョン]は、あのロバートパーカー氏主宰の[ワイン・アドヴォケート誌]および[ワイン・スペクテーター誌]にてともに91点を獲得、また[カツリン・シャルドネ]は、シャルドネの世界的祭典として知られる[2008年シャルドネ・デュ・モンド]にて金賞を受賞するなど、最近の実績だけをみても高い評価を得ています。そんな[ヤルデン]の最高峰のワインとして、最高の年にのみ造られるのが今回ご紹介する【単一畑シリーズ】!!これまでにカベルネ・ソーヴィニョン2回、メルロー1回、シャルドネ5回の単一畑シリーズがリリースされてきましたが、シラーではこれが初めてのヴィンテージ!!。2004年の天候は殊のほか素晴らしく、これまでで最高の品質!!とワインメーカーのヴィクター・ショーエンフィールドさんが太鼓判を押し、実現した自信作です。ホント!!これが凄いんです!!『色からして黒く、濃い!そしてそのフレーバーのボリューム感といったら、比較するとしたらオーストラリアのグランジしかありえません!!。コーヒー、チョコ、完熟した黒果実が前面に次々と出る一方で、シラーならではのオリエンタルなスパイス感がしっかりとバックにあります。口の中ではエキスたっぷり、アルコール感たっぷりの、若干果汁感を伴った酸味と細やかなタンニンが、フレーバー全体を包み込むような、緩やかなストラクチャーでパワフルかつニュアンスたっぷりにまとめあげています。恐ろしく完成度が高く、その余韻は期待を遥かに超えた素晴らしさ!!。驚きの美味しさが、衝撃とともに駆け抜けていくんです!!』わずか36本のみのご紹介です。ぜひともお早めにお求めください。限定36本!!あのシャトー・ラフィットが認めたワイン産地から時価4万円グランジ彷彿の極上シラー100%!!物凄い衝撃!!これぞシラーの新天地!!ワイン発祥の地イスラエルの赤ワイン!!スペクテーターが!!アドヴォケートが!!ビジネス・ウィークが!!こぞって大特集!!最高のヴィンテージにしか生産しない単一畑シリーズ!!2004年は物凄い!!『厚みのあるボリューム感、エキスたっぷり、アルコールたっぷりの濃厚さ!』インポーター在庫最後の36本を速攻で入手!!お見逃しなくお求めください!![ヤルデン・オータル・シラー 2004]物凄い人気です!!週間楽天ワイン売上ランキング その他で第1位獲得!!もの凄い衝撃!!『これぞシラーの新天地だ!!』『これに対抗できるのは、グランジぐらいか?』と、思わず唸ってしまった大発見ワイン!!このワインを口にしたときの衝撃を忘れることはありません!!先日現地に行ってこのワインを飲んできた、という知り合いのワインテースターが、興奮状態で持って来たのがこのワイン!!ワイン好きの友人たちと味わったのですがその誰もが、驚きを隠せませんでした。その奥深さ、濃厚さ、複雑さに完全にノックアウト!!。その味わいは、シラー界最高、リリース価格にして数万円のグランジを彷彿するボリューム感!!しかし、限定生産品ゆえに、さすがに日本には輸入されていない・・・と思っていたら、あった、あった、ありました!!わずか36本のみの最後の在庫を速攻で入手!!本日、皆様にご案内させていただくことができました。あまりにも希少!!ぜひともぜひとも、ご体験ください!!そのワインとは、[ヤルデン・オータル・シラー 2004]!!!このワインの生産地は、なんと、ワイン発祥のメソポタミア文明の地、イスラエル!!。紛争が絶えないイスラエルのイメージからワインの産地を連想する人は少ないかもしれませんが、このワイン産地に一早く注目し、近代ワイン産業を確立したのは、フランスの5大シャトー、シャトー・ラフィットの当主であったバロン・エドモンド・ロッチルド氏。そして、1983年に今回ご紹介する[ヤルデン]が設立され、世界中のコンクールにて次々に金賞を受賞!!イスラエルのワイン産地としての存在を世界に認めさせたのです!!。今や世界中で、イスラエルワインといえば、[ヤルデン]!!。フラッグシップともいえる[カツリン・カベルネ・ソーヴィニョン]は、あのロバートパーカー氏主宰の[ワイン・アドヴォケート誌]および[ワイン・スペクテーター誌]にてともに91点を獲得、また[カツリン・シャルドネ]は、シャルドネの世界的祭典として知られる[2008年シャルドネ・デュ・モンド]にて金賞を受賞するなど、最近の実績だけをみても高い評価を得ています。そんな[ヤルデン]の最高峰のワインとして、最高の年にのみ造られるのが今回ご紹介する【単一畑シリーズ】!!これまでにカベルネ・ソーヴィニョン2回、メルロー1回、シャルドネ5回の単一畑シリーズがリリースされてきましたが、シラーではこれが初めてのヴィンテージ!!。2004年の天候は殊のほか素晴らしく、これまでで最高の品質!!とワインメーカーのヴィクター・ショーエンフィールドさんが太鼓判を押し、実現した自信作です。ホント!!これが凄いんです!!『色からして黒く、濃い!そしてそのフレーバーのボリューム感といったら、比較するとしたらオーストラリアのグランジしかありえません!!。コーヒー、チョコ、完熟した黒果実が前面に次々と出る一方で、シラーならではのオリエンタルなスパイス感がしっかりとバックにあります。口の中ではエキスたっぷり、アルコール感たっぷりの、若干果汁感を伴った酸味と細やかなタンニンが、フレーバー全体を包み込むような、緩やかなストラクチャーでパワフルかつニュアンスたっぷりにまとめあげています。恐ろしく完成度が高く、その余韻は期待を遥かに超えた素晴らしさ!!。驚きの美味しさが、衝撃とともに駆け抜けていくんです!!』イスラエルのワイン産地としての注目度は今年になってから急速に高まっていて、ワイン・アドヴォケート誌で2007年12月に特集されたことに始まり、ワイン・スペクテーター誌でも先日発行された2008年6月30日号で特集が組まれているほど!!さらにシラーという品種の可能性について、イギリスのワイン雑誌[ワイン・アンド・スピリッツ]誌の2008年4月の記事では、マスターズ・オブ・ワインの称号をもつイギリスワイン業界の権威ティム・アトキンス氏は、『イスラエルでは、カベルネ・ソーヴィニョンやメルローがこれまで主流だが、これは(ボルドーに対抗できる)高級ワイン産地のイメージを定着させたいという意図から植えられたもので、実はシラーやグルナッシュといった地中海地方の品種の方が向いている。』とコメント。実際、その素晴らしさが最近、次第にわかってきて、イスラエルのブティックワイナリーでは、次々にシラーがリリースされ始め、高い評価を得ているのだそうです。濃厚赤ワイン好きの皆様!!ぜひぜひ、この機会にこのワインをご体験ください。わずか36本のみの限定入荷です。これを逃すと多分二度と味わうことはできません!!ぜひともお早めに入手ください。******************そして、もうひとつ、皆様にご紹介したいのが、この兄弟ワインともいえる[ヤルデン・オータル・メルロー 2004]!!単一畑は、最高のヴィンテージと考えられる年にしか造られず、このワインが造られたのは、2001年に続いてこれで2度目という厳選に厳選を重ねたヴィンテージ!!このワインも友人たちと飲んだのですが、一緒に飲んだシャトー・マルゴーのセカンド、[パヴィヨン・ルージュ]にも負けず劣らず、骨格はがっしりとして、引き締まった非常に素晴らしい味わいを持っています!!前出の[ワイン・スペクテーター誌6月30日号]では、90点をつけ、『プラム、ダーク・チェリー、そしてタバコやアニスのニュアンスを持ち、印象的なワイン!!』と大絶賛。あわせてお楽しみいただければと思います。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。