特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時34分
時点のものです。

<< 戻る

シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン 2004 ハーフサイズ

シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン 2004 ハーフサイズ
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 京橋ワイン
発売日:
価格 商品名
2,814円
シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン 2004 ハーフサイズ
色・容量赤375mlブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン70%、カベルネ・フラン15%、メルロー15%アルコール12.5%産地フランス・ボルドー・マルゴー村味わい辛口・フル・ボディ今回ご紹介の2004年ヴィンテージはこの[シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン]にとって、シャトー史上最高の出来映えではとの評価。《マルゴーの時代》と称し特集を組んだ【ワイナート誌28号】でも、このシャトーの2004年ヴィンテージを、『酸、タンニンとも極めて細やかでいて、ブレなく抑えのきいた、背筋ののびた整然とした構造の美しさ。余韻も色彩感に満ちて、ディテールの細かさを保ったまま長く続く。華やぎのあるフローラルな赤系果実の香りも上品で、スッキリとして爽やか。素晴らしいワインだ。』と大絶賛し、最高峰シャトー・マルゴーの[97?100点]に次ぐ[93?96点]を付けています。しかもその価格は超が付くほどのリーズナブル!!今回はハーフサイズでのご案内ですが、2,680円というお手頃価格で最高級グランクリュが堪能できるんです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン ]は、1885年の格付で栄えある二級に格付された、マルゴー村にあるシャトーです。ACマルゴーというアペラシオンは、格付シャトーがメドックのどの村よりも多く、素晴らしいワインが出来るテロワール(土壌や気象条件を含む個性)ながら、残念ながら消費者からやや誤解され、それが人気にも若干影響しています。その原因は皮肉にも、あまりにも偉大な[シャトー・マルゴー]の存在です。このシャトーと村(アペラシオン)の名が同じ事に加え、シャトーマルゴーが五大シャトーの中でもエレガント、女性的なイメージのため、他のマルゴーのシャトーのワインが同じようにイメージされてしまうのです。しかしながら、マルゴー村はその土壌と温暖な気候から「カベルネ・ソーヴィニヨン」の栽培に最適で、[シャトーマルゴー]の総支配人を永年務める「ポール・ポンタリエ氏」も『マルゴーの基本は、カベルネ・ソーヴィニヨンの偉大さにある』と明言しているほど。マルゴーのワインには硬いとも言える堅牢さがあって当然なのです。[シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン]はある意味でそうしたワインの典型といえます。何故なら、このシャトーの建物の窓から北方向を覗くと、ジロンド川の手前に[シャトー・マルゴー]の畑が広がっていて、その畑と幹線道路の間に、デュルフォール・ヴィヴァンの畑が見えます。もう一方の南隣はマルゴーの二代看板[シャトー・パルメ]の畑で、それらに挟まれた絶好ともいえる好立地からワインが造られます。畑の位置が変わらない以上、ワインの本質も大きく変わることはありません。シャトーではその好立地の畑を始めとする30haの所有畑に、カベルネ・ソーヴィニヨン70%、カベルネ・フラン15%、メルロー15%を除草剤を使わずに栽培し、それらの平均樹齢は約30年となっています。収穫されたブドウはカベルネ用のコンクリート・タンクと、メルロー用の樽に分けられ醗酵し、その後オーク樽(新樽率30?50%)にて約20ヶ月間熟成させるのです。なお、過去十年ほどでこの熟成期間はブドウの品質の向上につれ長期化された事実からも、このシャトーのワインの品質が現在なお向上していることが見て取れます。[シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン]の名前は、14世紀からフランス革命時までシャトーの所有者であった「デュルフォール・ド・デュラ伯爵」に由来し、1824年にデュルフォール家の親戚代表のような人物だった「ド・ヴィヴァン子爵」の名が付け加えられました。19世紀頃まではこのシャトーの評価と人気は非常に高く、ワイン好きで知られるアメリカ大統領「トーマス・ジェファーソン」は、1775年にボルドーを訪れた時に記したテイスティング・ノートで、[デュルフォール・ヴィヴァン]を[ラフィット]、[オー・ブリオン]、[マルゴー]に続いて登場させたほど。実際に1844年当時のデュルフォール・ヴィヴァンは、マルゴー二級のどのワインよりも高価格で取引されていて、その後の現在も使用されている1855年の格付でも、二級という正当な位置を確保したのです。ただ20世紀に入り、1937年に[シャトー・マルゴー]に買収され、長年そこで醸造されていたため、半ばマルゴーのセカンド・ワイン的な存在になっていた時期もあります。その後、1961年に「Ch.ブラーヌ・カントナック」や「Ch.クリマン」など、ボルドーに多数のシャトーを所有し一大帝国を築いている「リュルトン家」の「ルシアン・リュルトン氏」が買収し、1992年からは現在のオーナー「ゴンザーク・リュルトン氏」がシャトーの運営に当たっています。「ゴンザーク氏」の代になってからのシャトーの品質向上は著しく、ラベルのデザインを一新しただけでなく、積極的な投資と技術革新により1995年産以降のワインの出来は素晴らしく、特に新しい醸造所が完成した2002年以降は、今回ご紹介の2004年のように、誰もが納得する本物のマルゴーが味わえるようになったのです。かつてはあの[シャトー・マルゴー]の一部!!このシャトーこそマルゴーの真髄!!米大統領「トーマス・ジェファーソン」も最高の評価をした二級格付が見事復活!!【ワイナート誌】絶賛評価!!なんと最高峰シャトー・マルゴーに次ぐ93?96点!!『酸、タンニンとも極めて細やか、背筋の伸びた整然とした構造の美しさ、素晴らしいワインだ!!!まさに最大級の賛辞の嵐!!価格もお手頃ハーフサイズで最高級グランクリュボルドーを満喫してください!![シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン 2004 ハーフサイズ]キャプ価格高騰が止まらない高級ワイン・・・そんな中、今、レストランさんではハーフサイズが大人気!!日比谷の超高級ホテルのワインリストはハーフが主流、また、銀座にはハーフサイズ専門のワインショップも出来、大好評という話もあるほど・・:今回、ご紹介いたしますのはハーフサイズのグランクリュ・ボルドー。しかも【ワイナート誌】がマルゴー特集で大絶賛し、最高峰シャトー・マルゴーの[97?100点]に次ぐ[93?96点]を付けた超大当たりがなんと2,680円!!(フルボトル換算なら5,360円)その名も、[シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン 2004 ハーフサイズ]『マルゴーの基本は、カベルネ・ソーヴィニヨンの偉大さにある。あの[シャトーマルゴー]の総支配人を永年務める「ポール・ポンタリエ氏」もこう明言しているほど、その土壌と温暖な気候面からボルドー、いや世界最高レベルのカベルネ・ソーヴィニヨンを産み出すマルゴー村。メドックの中でも最も早くからブドウ畑の開墾が行われ、1855年の格付けでは最多の22ものシャトーが選出、この事実からもテロワール的にマルゴー村がブドウの栽培に優れた地区であることがおわかりいただけるでしょう。[シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン]はある意味でそうしたワインの典型といえます。何故なら、このシャトーの建物の窓から北方向を覗くと、ジロンド川の手前に[シャトー・マルゴー]の畑が広がっていて、その畑と幹線道路の間に、デュルフォール・ヴィヴァンの畑が見えます。もう一方の南隣はマルゴーの二代看板[シャトー・パルメ]の畑で、それらに挟まれた絶好ともいえる好立地からワインが造られます。事実、1937年に[シャトー・マルゴー]に買収され、長年そこで醸造されていたため、半ばマルゴーのセカンド・ワイン的な存在になっていた時期もあるんです。その後、ボルドーに多数のシャトーを所有し一大帝国を築いている「リュルトン家」が買収し、以来、品質向上は著しく、ラベルのデザインを一新しただけでなく、積極的な投資と技術革新により1995年産以降のワインの出来は素晴らしく、特に新しい醸造所が完成した2002年以降は、今回ご紹介の2004年のように、誰もが納得する本物のマルゴーが味わえるようになったのです。ボルドーの定番ガイドブック【ボルドー・ワイン】の著者「デイヴィッド・ペッパーコーン氏」は、『腰が強くてタンニンが多いが、最近のヴィンテージは、豊潤さや果実味が豊かになって、タンニンとの調和を見せている。』と、復活を遂げたこのシャトーにお買い得マークをつけています。そして、今回ご紹介の2004年ヴィンテージはこの[シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン]にとって、シャトー史上最高の出来映えではとの評価。《マルゴーの時代》と称し特集を組んだ【ワイナート誌28号】でも、このシャトーの2004年ヴィンテージを、『酸、タンニンとも極めて細やかでいて、ブレなく抑えのきいた、背筋ののびた整然とした構造の美しさ。余韻も色彩感に満ちて、ディテールの細かさを保ったまま長く続く。華やぎのあるフローラルな赤系果実の香りも上品で、スッキリとして爽やか。素晴らしいワインだ。』と大絶賛し、最高峰シャトー・マルゴーの[97?100点]に次ぐ[93?96点]を付けています。しかもその価格は超が付くほどのリーズナブル!!今回はハーフサイズでのご案内ですが、2,680円というお手頃価格で最高級グランクリュが堪能できるんです。今、高級レストランさんではハーフサイズが大人気!!インポーターさんの元へも注文が絶えない中、何とか分けていただきました120本限りでのご案内となります。是非、このお手頃ハーフサイズでボルドー最高級の味わいを体験してください。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。