特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時33分
時点のものです。

<< 戻る

衝撃の満点五つ星★★★★★!!なんと1180円にして『究極のお値打ちワイン!』と激賞された!!ペインター・ブリッジ・ジンファンデル 2007

衝撃の満点五つ星★★★★★!!なんと1180円にして『究極のお値打ちワイン!』と激賞された!!ペインター・ブリッジ・ジンファンデル 2007
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: YNSトウキョー(ワインズ東京)
発売日:
価格 商品名
1,239円
衝撃の満点五つ星★★★★★!!なんと1180円にして『究極のお値打ちワイン!』と激賞された!!ペインター・ブリッジ・ジンファンデル 2007
赤750mlジンファンデル100%大好評!!早くも220本完売しました!!再度12本入荷いたします。2009.3.5アダム・シュナイダー氏から。。。ワインを日本に輸出する仕事に関わってから10年になります。その間、私のところには「もう少し手ごろな値段のワインを」というリクエストが絶えませんでしたが、その時には、質の高い1200円以下のワインに出会うことなどほとんどありませんでした。理由としては、多くのアメリカのワイナリーが高級ワインを生産することに力を注ぎすぎるあまり、手ごろな値段のワイン造りを大きなワイナリーのみに任せてしまったからです。私が通常日本に紹介するワインは、家族経営のブティックワイナリーがほとんどですので、いわゆる大きなワイナリーとは今まで仕事を共にする機会を持ってきませんでした。加えて、大きなワイナリーというものは、大抵、世界中に輸出をするために大規模のマーケティングとセールスの部署を抱えており、これが私が日本へワインを紹介する仕事の目的と異なっていたからです。ですので、5年前にカリフォルニアを訪れ、J. ローアーというワイナリーの輸出部門ディレクターであるクレッグ・ロッサーさんに出会ったときは、幸運以外の何ものでもありませんでした。認めますが、これは小さなワイナリーではありません。それどころか、カリフォルニアで16番目に大きいワイナリーなのです。しかし、このワイナリーは今でも、世界クラスのワイン造りを目指して1960年代後半にワイナリーを創設した、ジェリー・ローアーさんによって運営されています。彼は、当時ヴィンヤード造りのパイオニアであり、1970年代にはまだ「無名」であったモントレーにあるアロヨ・セコに、また1980年代には同じくまだ「無名」であったパソ・ロブルスにブドウを植えました。お陰で彼はこれらの土地を安く手に入れることができ、結果ここから造られるワインもリーズナブルな値段で提供できることになったのです。皆さんは、ワイナリーの名前がワインそのものよりもヴィンヤードを強調していることにお気づきでしょうか。これはジェリーさんが、すばらしいワインは良いブドウから造られる、と信じているからです。事実、彼は3000エーカーに渡る最上のヴィンヤードを所有しており、これはこのクラスのワイナリーではほとんど見かけませんし、また他のワイナリーと一線を画すところでもあります。多くのカリフォルニアのメジャーブランド、特に値段の高くないものは、他の会社からブドウやワインを購入し、それをブレンドなりしてから自分たちのラベルをつけ販売するのですが、J.ローアーの主要ブランドにはほとんど全て、自社畑で育てたブドウを使用しています。ここが他のメジャーなカリフォルニアワイナリーとの大きな違いです。自社畑のブドウを使うことによって、植え付けからボトリングまでワイン造りの全ての過程において管理することができるのです。(実際、彼らは赤ワイン造り専用と白ワイン造り専用の2つのワイナリーを所有しています。こうすることで、ブドウを一刻も早くワイナリーに運ぶことができ、ブドウのフレッシュなフレーバーをワインの中に保つことが可能になります。他の多くのワイナリーにはこのようなシステムがないため、ブドウを何百キロもトラックで運ばなくてはなりません。)ここで、私がペインターブリッジに出会った時のことを少しお話します。クレッグさんにお会いしたとき、J.ローアーのワインの素晴らしさに打たれたのは言うまでもありませんが、その時に彼らの新しいブランド(サード・ラベル)であるペインターブリッジも紹介されました。このワインは、彼らの木の中でも比較的樹齢の若い木から収穫された、まだJ.ローアーの主要ブランドに入れるには少し早い段階のブドウ、またはジェリーさんの知り合いのヴィンヤードから購入したブドウによって造られています。だからといってブドウの質が低いというのではなく、それどころかJ.ローアーの名に全く恥じないワインに仕上がっており、同時に値段も低くおさえることに成功したのです。一口飲んだ瞬間に、私はコストパフォーマンスにかけてはこのレベルで争えるものが他にないことを確信しました。ブランドとしては小さいですが、このワインは高品質のワインをリーズナブルに提供できる知識も、つても持ち合わせたワイナリーからのものなのです。【衝撃の満点五つ星★★★★★!!】なんと1180円にして『究極のお値打ちワイン!』と激賞された!!【5人の一流ソムリエも信じられなかった圧倒的なコストパフォーマンス!!】『極上のカリフォルニアワイン発見!この味わいでこの価格、試してみない手はない!!』前代未聞の大激賞連発!!こんなに安くて本当にいいのだろうか!![ペインターブリッジ・ジンファンデル 2007] ワイン王国満点5つ★★★★★星!!『低価格でも一流の味、 極上のカリフォルニアワイン発見!!低価格でも味わいは極上!。干しプラムや果実の香りに加えてトリュフのような熟成香も感じられる。味わいの各要素のレベルが高いが、滑らかなタンニンとほのかな塩味は、このワインをさらに印象深いものへと高めている。この味わいでこの価格、試してみない手はない。』こんな物凄いコメントとともに、[ワイン王国No.30]の『究極のお値打ちワインを探せ!』の企画で、わずか9本しか選ばれない超特選ベストバイワインの満点五つ星★★★★★を獲得!!。しかも他の8本が2000円以上の高額ワインという中にあって、1180円という圧倒的なコストパフォーマンスで満点五つ星★★★★★に輝いた、まさに正真正銘のNo.1『究極のお値打ちワイン!!』の登場です!!。しかもしかも!!、このワインを輸入するアダム・シュナイダー氏も、『この2007年のジンファンデルは、これまでの中で一番「ジンファンデル」らしさが表れているワインで、今まで生産されたヴィンテージの中で一番の出来だと思います。このジンファンデルは現地アメリカでは、[Taster's Guild International Wine Competition][Pacific Rim International Wine Competition]という大きな大会で金賞を受賞し、後者のほうでは「ベスト・オブ・クラス」にも選ばれています。この値段のカリフォルニアワインがこのような賞をもらうことは、私の今までの経験から言ってめったにあることではありません。とにかく、このワインを一度飲んでみてください。そうすればその美味しさがわかりますから!』と語るように、現地アメリカでは、さらに凄い栄誉を獲得しているのが、今回ご紹介の2007年!!。つまり、満点五つ星よりも、もっと美味しくなっている!、というわけです!!。まぁ是非とも飲んでみてください!!『その香りはラズベリー、ブラックベリー、プラムのスパイシーな赤果実に白胡椒と黒胡椒のスパイス。口に含むと豊満でフルボディでありながらしなやかさを感じる。赤果実とジンファンデルのスパイシーさが魅力的なワインだ!!』と造り手自身が語るように、さらにその濃厚さと幾重にも重なる多種多様な味わいから複雑味を増しています!!。アメリカ・カリフォルニア出身のアダム・シュナイダー氏が、『一口飲んだ瞬間に、私はコストパフォーマンスにかけてはこのレベルで争えるものが他にないことを確信した!!』と豪語するほどの、まさに日米揃って激賞される『究極のお値打ちワイン!』です。是非とも是非とも、たっぷりとお買い求めいただいて、スパイシーな夕食とともに、存分にご堪能ください!!。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。