特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時33分
時点のものです。

<< 戻る

永遠に成長を続ける感動のワイン!!このワインだけは永遠に造り続けて欲しい大傑作!! サンタ・デュック・エリタージュ NV(2007)

永遠に成長を続ける感動のワイン!!このワインだけは永遠に造り続けて欲しい大傑作!! サンタ・デュック・エリタージュ NV(2007)
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: YNSトウキョー(ワインズ東京)
発売日:
価格 商品名
1,344円
永遠に成長を続ける感動のワイン!!このワインだけは永遠に造り続けて欲しい大傑作!! サンタ・デュック・エリタージュ NV(2007)
赤750mlグルナッシュ65%、シラー33%、ムールヴェドル2%大人気!132本完売!さらに12本追加しました。2009.3.1※ クール便をご利用の場合は当店での受注処理時に別途クール代 263円(税込)を加算させて頂きます。※何卒ご了承くださいませ。永遠に成長を続ける感動のワイン!!このワインだけは永遠に造り続けて欲しい大傑作!!『安くて美味しいワインをお探しならこれさえ飲んでいれば絶対に大丈夫!!』物凄いプロ根性!!パーカーが満点五つ星を付ける世界屈指の凄腕なのに絶対に妥協なし!!『私にいわせればジゴンダスに君臨するチャンピオンである!!』まさに原点の味はここにあります!![サンタ・デュック・エリタージュ 2007] このワインと初めて出会った日のことを私は一生忘れないと思います。私はこのワインととても深い御縁があります。是非とも、このワインを沢山の方に飲んでいただきたくて、そんな御縁を書かせていただきます!!。今から4年前2003年の真夏のことでした。真夏に濃厚な赤ワインなんて・・・と商売をしていながら、とてもその気になれない灼熱の夏にこのワインと出会ったんです。このワインを輸入するインポーターの担当セールスさんが、『竹腰さん!!、すっごいワインが入ってきたんです!! 是非飲んでみてください!!』と、そんな真夏にも関わらず、鼻息荒く目もギラギラと勧められたのが、この[サンタ・デュック・エリタージュ]の2002年ヴィンテージだったんです。2002年といえば、このサンタ・デュックがあるフランス・南ローヌ地方は大洪水があった年で、ブドウ樹は流され蔵は浸水し、タンクに雨水が入ってしまう始末。。。奇跡的に収穫できたブドウは、やはり大雨の影響で地中から多くの水を吸い上げてしまい、味わい薄いものになり、この地の殆どの造り手は、手塩にかけて造ったブドウとワインを二束三文で売らなければならない、ローヌワインの歴史の中でも最も悲惨な年として、世界中のワインファンの記憶に残る2002年です。そんな、まさに2002年のローヌワインを、鼻息荒く目もギラギラと持ってきたわけです。2002年以前にはこのワインは販売されておらず、この2002年が初リリースだったので、まだここ日本ではこのワインを売っている人は一人もおらず、さらには真夏の、そして2002年のローヌワインということで、超逆風の中で彼が強くオススメする理由は何なんだろう・・・と不思議でしょうがありませんでした。あまりの熱意に押されて飲んでみると、これが超逆風の予想を完全に覆すような、素晴らしい味わいが口の中で広がるんです!!。『火で焼いたステーキとともに、このワインは涎が流れるほど美味しいであろう。』とパーカーさんはこのサンタ・デュックのワインに対して表現しているんですが、熟したラズベリーにバラやミネラルの風味、そしてスパイシーで果実味豊かなその味わいが、胡椒の効いた肉に絶妙の相性だということを表現しているんですが、そんな美味しい味わいが2002年のボトルの中に信じられないことに詰まっていたんです!!。『どうしてこんなに濃厚に美味しく造れたんですか?』と聞くと、本来は5000円以上の価格をつける高級ジゴンダスに使用するはずだった極上のブドウもこのワインに使った・・という話なんです。それもその年の高級ジゴンダスの発売を諦めて、この1280円のワインに使ったというんです。雨を含んだブドウでは、これまで世界の愛飲家を楽しませてきた5000円以上の味わいには出来ない、と判断してそうした、というんです。たとえ雨が多くとも、水はけの良い土壌でできるブドウはモノが違うんだ・・・と私もビックリしたほど、その味わいは素晴らしく、真夏だというのに、しかも2002年だというのに、このワインの販売を決意しました!!。すると予想を覆すかのように物凄い勢いで売れ、瞬く間に[サンタ・デュック・エリタージュ]の名前が世に知れ渡って行きました。[エリタージュ]は遺産とか遺品とか、そういう意味がありますが、そんなワイン造り手として辛かった2002年を記憶に留めておくために付けられた名前だそうです。この年だけはきっと一生忘れたくないという強い気持ちも私は感じました。なのでこの[エリタージュ]は2002年限定で、そしてこのワインの開発を熱望したインポーター社長さんのために、日本に向けてだけ造られた特別ワインで、まさに2002年限定[エリタージュ]の予定だったんです。それが、予想外に爆発的に売れたことや、私を含め多くのワインショップ、さらには愛飲家からの強いリクエストが多数あったことで、2003年以降もこうやって毎年造られているんです。とはいえ、2002年のように5000円以上の高級ワイン用のブドウを使用するわけにはいきません。しかも2003年以降は良年で愛飲家の期待も大きく膨らみます。そんな中このサンタ・デュックのオーナーでもあり醸造家のイヴ・グラさんは、近隣のブドウ栽培農家からも協力を得て、自社畑以外に栽培農家を走り回って、良質の完熟ブドウを手に入れ、そして毎年、前年以上の味わいにするようにと、必死にこのワインを造っているんです!!。しかも1280円という価格は2002年当時と全く変わっていません。ユーロは当時と比べても30円ぐらい上昇しているのに、これは凄いことです!!。今年でこのワインがリリースされて6ヴィンテージ目になりますが、どんな年でも前年以上の味わい成長して、そんな美味しい味わいを毎年同じ価格で堪能できるなんて、本当に素晴らしいことです!!。きっと辛い2002年思い出を絶対に忘れないように、イヴ・グラさんのそんなプロ根性がそうさせているんだと私は思います。それに最も辛い2002年のワインがここ日本で大絶賛されて、きっと心底嬉しかったんだとも思います。だから、このワインは採算割れしているかもしれませんが、そんなこと辛い逆境を超えた彼には全く関心ないようにも思えます。なので、『安くて美味しいワインをお探しなら、   これさえ飲んでいればいつでも絶対に大丈夫!!』胸を張ってこう言えますし、このワインだけは永遠に造り続けて欲しいと心底思います。またパーカーさんは、『私にいわせればジゴンダスに君臨するチャンピオンである!!』と、この[エリタージュ]が発売される前から、満点五つ星評価とともにそう絶賛しているんですが、そのプロ根性はまさにチャンピオン!!。彼のワインに対する情熱の原点が、まさにここにあります!!。このワインの新ヴィンテージがリリースされるのは、毎年きまって真夏です。濃厚なるエリタージュのない真夏は、この先私の人生においても考えられません!!。バーベキューに、鉄板焼きに、分厚いお肉を塩胡椒で焼くなら、どんなワインよりもこの[エリタージュ]を選んでください!!。逆境を超えた素晴らしい味わいがそこにあります!!。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。