特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時31分
時点のものです。

<< 戻る

◆グリューナーの甘口ワイン!グリューナー・フェルトリーナー・アウスレーゼ 500ml[2006]エメリッヒ・クノル

◆グリューナーの甘口ワイン!グリューナー・フェルトリーナー・アウスレーゼ 500ml[2006]エメリッヒ・クノル
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: シーザーワイン カンパニー
発売日:
価格 商品名
5,670円
◆グリューナーの甘口ワイン!グリューナー・フェルトリーナー・アウスレーゼ 500ml[2006]エメリッヒ・クノル
オーストリア/ヴァッハウ/白/甘口エメリッヒ・クノールのワインを含め オーストリア・ヴァッハウ地方の有名生産者のワインは、 世界中で人気が高く、 現在大変入手困難な状況となっています。 エメリッヒ・クノルの2005年ヴィンテージは なんと全く日本向けの割り当てがありませんでした(涙) この2006年のワインも入荷数は少なく、 この素晴らしいワインを 多くの人に味わっていただけないのは本当に残念です。 極めて伝統的な製法で造られるクノルのワインは、 手作りの高級腕時計にも例えられ、 他のヴァッハウの生産者のものと異なる 陰影に富んだその味わいには オーストリア国内でも80年代より カルト的な人気があるそうです。 特にこのグリューナーのアウスレーゼは、 もともと生産量が少なく、 オーストリア国内でもほとんど見かけることの出来ない 稀少なワインです。 グリューナーらしいスパイシーなアロマに林檎のようなフルーツ、 白い花や上品なハチミツの香りがあり、 エレガントな酸味とジューシーな果実味、ミネラルの風味が 複雑な味わいを作り上げています。 50年ぶりとも60年ぶりとも言われる               最高の当り年!2006年は開花不良により、グリューナー・ヴェルトリナー種の実つきが少なく、また、夏頃までの天候が不安定で、品質の低下を心配する生産者も多かったとのことですが、秋口から収穫期の終わりまで素晴らしい天候に恵まれ、収穫量が激減したおかげで、かつてないほどの凝縮された葡萄が収穫され、結果としては、記憶にない程の素晴らしいワインがごくごく少量出来上がったようです。そのため、一部の生産者のワインはほとんど日本に入荷しない事態も起きています。エメリッヒ・クノル 【05年9月21日】 ヴァッハウ渓谷一番の有名な観光地デュルンシュタインにほど近い 小さな町ウンター・ロイベンにある エメリッヒ・クノルさんのワイナリーにいってきた。 ここのワインは自分がオーストリア・ワインに目覚めるきっかけとなったワイナリーである。花で飾られた美しい建物がクノルさんのワイナリーだった。 「せっかく来てもらったのだけど、申し訳ないけど今日は1時間くらいしか時間が取れないんだ。ごめんね」 申し訳ないのは収穫前のそんな忙しい時に訪問した自分の方である。 早速地下にあるセラーを見せてもらう。古い歴史のあるワインセラー独特の香りがあたりに漂う。黒光りする大きな木の樽が並ぶ様は壮観である。奥には「最近導入したんだ」というステンレスのタンクが並んでいた。 「フェダーシュピールの新鮮な果実味のためにはステンレスが良いかと思って。上のクラスのスマラクトには従来どうり木の樽を使うよ。 まあ、厳密に決めているわけではなくて、年によって変わるかも知れないけどね」とエメリッヒJrが説明してくれた。 試飲ではグリューナー・フェルトリナーとリースリングの2004年をそれぞれ5本ずつくらいテイスティングした。 04年は、異常な高温が続きリッチな味わいとなった03年と性格が異なり、スッキリとしたエレガントな味わいが主体となり、それぞれの畑の個性が魅惑的なヴァリエーションとなっている。一貫して高いクオリテーながら、G.フェルトリナー・ヴィノテークフュールングやリースリング・シュットなどはトップワインは、磨かれたダイヤモンドのような別次元の輝きを放つ。さすがに旨い。 ワイナリーの隣りにはヴァッハウ渓谷有数のレストランであるロイベナ?ホフがあり、こちらはクノルさんの経営なので、もちろんクノルさんの素晴らしいワインを味わいながら美味しい料理を食べることができる。 夕刻5時頃というのに、すでに多くのお客で賑わっていた。もちろん自分も食べてきた。ドナウ河で取れるマスの軽い燻製の前菜(G.フェルトリナーが良く合う) 牛のいろいろな部分をスープで煮込んだメインはボリュームたっぷり(こちらにはシャルドネを薦められ飲んだ。これまた良く合う!) どちらも忘れられないオーストリアの味となった。デザートまでしっかり食べて(そしてワインはグラス(注)5杯も飲んで)気分良くデュンシュタインのホテルまで歩いて帰った。 道々畑のブドウを摘み喰いしながら。 (注)オーストリアではグラスワインは125ccです。ジョッキになると250cc

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。