特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時33分
時点のものです。

<< 戻る

遂に来たぁー!!あの超有名・美食家も虜になった幻のピノ・ノワール!! パライソ・ピノ・ノワール 2006

遂に来たぁー!!あの超有名・美食家も虜になった幻のピノ・ノワール!! パライソ・ピノ・ノワール 2006
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: YNSトウキョー(ワインズ東京)
発売日:
価格 商品名
3,549円
遂に来たぁー!!あの超有名・美食家も虜になった幻のピノ・ノワール!! パライソ・ピノ・ノワール 2006
早くも36本完売しました!さらに12本追加入荷致しました!!2009.2.22赤750mlピノ・ノワール100% これなら飲める 第二九回パライソ・ヴィンヤーズ ピノ・ノワール  サンタ・ルチア・ハイランズ 二〇〇五年いま加州で最も注目される元詰めワイン 栽培者が元詰めするワインは、ボルドーでは「シャトーもの」、ブルゴーニュでは「ドメーヌもの」と言われ、原料を買って造るワインよりもありがたがられる。米国ではこれと対照的に、元詰めが品質を左右することはないと言われてきた。しかし、近頃の様子からすると、状況は変わりつつあるのではと筆者は見ている。今回は元詰めワインのなかでも、筆者が心酔するパライソ・ヴィンヤーズの「ピノ・ノワール」とともに、所有者リチャード・スミスとの思い出を紹介する。リチャードは毎朝、一時間半をかけて葡萄園のなかを散歩する。葡萄の育ち具合を確認するのを兼ねてとはいえ、とにかく几帳面な彼らしい日課である。筆者も滞在中はそれに付き合うのだが、環境保全を実践する葡萄園だけに、「山猫や猪に襲われないように注意しながら」である。散歩とはいえ難儀なものである。それでも彼は「よいワインはよい葡萄からしか生まれない。葡萄を育てるのは子供を育てるのと同じ。大変なのは当たり前」と卒のない言葉を返してくる。みずからの努力を殊更に語る生産者は多い。素晴らしいワインの割に、彼の力みのなさは拍子抜けしてしまうほど。そのとき、彼は栽培者なのだと筆者は実感する。米国では元詰めワインは「エステートもの」と呼ばれる。ただし、おおよそのワイナリーは、栽培者から葡萄を買ってワインを造るので、エステートは限られている。彼はみずからを「本業は葡萄栽培者」と語る。その葡萄はロバート・モンダヴィやベリンジャー、セインツベリーなどの米国を代表するワイナリーに供給されている。彼のワインはそのなかの最上区画から生まれる。本業の事情もあってか、彼はそれを語ることもない。でも、葡萄に対する愛情は見ていて泣けるほどに強い。その彼がいま最も気になるのは「シラー種のワインのような濃いピノ・ノワール種のワインが増えるなかで、本来のエレガンスが失われつつある」こと。映画『サイドウェイ』による米国のピノ・ノワール・ブームが原料高を招いた。いまやピノ・ノワール種の卸値は、カベルネ・ソーヴィニヨン種の二倍である。その原料高をカバーするため、高値で売れる濃くて力強いワインを造るという選択もある。その一方で、彼はあくまでも「強さとエレガンスの両立」にこだわる。散歩途中、筆者の子供がまだ小さいことに話が及んだ。「私はもう孫もいる。君はまだ頑張り続けなくてはいけない。これからも色々な人達と出遭いなさい」との言葉をいただいた。彼が葡萄園を拓いた一九七〇年当時、一帯は野菜畑しかなかった。それを切り拓き、米国で最も注目される栽培地を築き上げてきた人物だけに、その言葉は重かった。評価指標コストパフォーマンス度 9いまや納得できるピノが5,000円未満で見つけることは至難である。飲みやすさ度 9溢れんばかりの果実味に加えて、ベルベットの肌触りがとても気持ちよい。飲みごろ度 810年は楽しめるのだろうけど、いま美味しいので飲み干してしまうだろう。将来の価格上昇度 8元詰めであることのメリットを消費者に還元してくれることを期待したい。コメント艶やかで吸い込まれそうな美しいルビー色。赤や黒のベリー類がたっぷりと載ったバスケットに加えて、貝殻やチョコレートの風味がある。やわらかで肉厚ななかにも、酸味やミネラル、スパイスがあって張りがある。飲みごたえのある比較的しっかりとした仕上がりをしているものの、エレガンスも感じる。味わいチャート酸味 7渋味 8香 8複雑さ 8硬さ 8遂に来たぁー!!あの超有名・美食家も虜になった幻のピノ・ノワール!!『偏見を一回の試飲でひっくり返してくれたのがパライソ・ピノ・ノワールだった!!』しかもあの『神の雫』にも登場しながら超入手困難で手にできなかった幻中の幻!!DRCサイトウも大絶賛!!『超有名ワイナリーもこのブドウで超高級ワインを造っている!!』[パライソ・ピノ・ノワール 2006] 皆さんー!!!!!!本日のご紹介は絶対に絶対に絶対に見逃せませんー!!。遂に遂に、本当に遂にこのワインをご紹介できる日がやってきたんです!!。もうこのワインを飲んだ、テレビでもお馴染み超有名・美食家の山本益博さん、そして、あの『神の雫』の名コラムニスト・DRCサイトウさんのこの両名が、その美味しさのと虜になってしまい、わざわざカリフォルニアまで出向いた!!、という極上の舌を持つ二人を完全に魅了してしまった、物凄いワインが遂に登場するんです!!。ここ日本では超入手困難で、これまで当店でも手にできなかった幻中の幻です!!。そもそもアメリカでは、[ロバート・モンダヴィ]、[ベリンジャー]、[セインツベリー]など米国を代表する有名ワイナリーで超高級ワイン用にも使用される、極上ブドウを栽培する栽培家なんですが、そんな有名ワイナリーに供するブドウよりも、さらに極上のブドウだけを厳選して、この栽培家が自身が造りだす、まさに名実ともにカリフォルニア最高級ワインです!!。是非とも、是非とも、この機会をお見逃しなく、必ずやこの素晴らしい味わいをご体験いただければと思います!!。その名も[パライソ・ピノ・ノワール 2006] !!!!!!!!まずは、超有名・美食家の山本益博さんのコメントからご紹介します!!。[ワイン王国28号]で2ページにわたりこのワイナリーを訪問したレポートが掲載されているんですが、そこで書かれているコメントが凄いんです!!。『どうしてアメリカのそれもカリフォルニアのワインは、どれもこれも厚化粧した味なのだろうか、というのが、フランスの繊細でエレガントな銘醸ワインに親しんできた私の感想だった。そんな偏見を一回の試飲でひっくり返してくれたのが、カリフォルニアはモントレーにある「パライソ・ヴィンヤード」の「ピノ・ノワール」だった。カリフォルニアのワインがずらりと並ぶ中、ほんの一口ずつのティスティングのつもりで飲んでいったのだが、真っ赤な口紅をひらいたグラマラスな味に少々飽き始めた時、グラスを持つ手と先へ進もうとする足がピタリと止まった。とてもカリフォルニアとは思えなかった。ピノ・ノワールのアロマは豊かなのだが、必要以上にアピールすることはなく、ボディもスレンダーで、余韻は十分にあるのだが、キレのとても良い味わいだった。ブラインドで出されたら、間違いなくブルゴーニュの赤を信じて疑わなかったのではないだろうか。』と、美食家がわずか一回の試飲で衝撃の味わいを感じたことを激白し!!、さらに『神の雫』の名コラムニスト・DRCサイトウ氏は、『いまや納得できるピノが5000円未満で見つけることは至難である。』『溢れんばかりの果実味に加えて、ベルベットの肌触りがとても気持ちよい。』とコメントしながら、その複雑見事なる味をいを『艶やかで吸い込まれそうな美しいルビー色。赤や黒のベリー類がたっぷりと載ったバスケットに加えて、貝殻やチョコレートの風味がある。やわらかで肉厚ななかにも、酸味やミネラル、スパイスがあって張りがある。飲みごたえのある比較的しっかりとした仕上がりをしているものの、エレガンスも感じる。』なんて、凄いコメントとともに紹介しているんです!!。本当に本日のご紹介は絶対に絶対に絶対に見逃せませんー!!。まさに神の舌を持つ二人が、全く別の紙面で激賞しているわけですから、私などがとやかく言えるものではありません!!。飲んでいただければ分かりますが、『ほっぺが落ちる・・』とはこのことです!!。あの『神の雫』にまで登場しながらも、超入手困難で手にできなかった幻中の幻!!。是非とも、是非とも、この機会にその素晴らしい味わいをたっぷりとご堪能ください!!。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。