特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時33分
時点のものです。

<< 戻る

ロバート・パーカー氏、大絶賛!絶対にケース買いすべきだ!◆エストラテゴ・レアル・ティント (赤)ESTRATEGO REAL Tinto [NV]0309PUP10M

ロバート・パーカー氏、大絶賛!絶対にケース買いすべきだ!◆エストラテゴ・レアル・ティント (赤)ESTRATEGO REAL Tinto [NV]0309PUP10M
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: ハモニカ横丁
発売日:
価格 商品名
1,275円
ロバート・パーカー氏、大絶賛!絶対にケース買いすべきだ!◆エストラテゴ・レアル・ティント (赤)ESTRATEGO REAL Tinto [NV]0309PUP10M
[携帯がもの言わぬ販売員に]店頭に貼れるPOPのサイズ・情報量には限りがありますが携帯電話で一気に情報を読み取る事でインターネット・ショップと同等の情報量を店頭でお客様に供給が可能となります。 QRコードを利用する購買層も限られてはおりますがレジ等で忙しい時に『携帯が物言わぬ販売員』として活躍してくれる期待がもたれます。[テイスティングノート]良く熟した黒いベリー系の香りやチョコレートに木苺のアロマ、温度が上昇するにつれ黒胡椒や八角等もほのかに感じられます。タンニンも充分に熟しており、リッチな果実味と滑らかな酸の絶妙なバランス。ピュアで綺麗なバランスを保ったまま美味しいフルーツの風味が余韻にまで続きます。Vino de Mesa (テーブルワイン)ワイナリー名:ドミニオ・デ・エグレン品種:テンプラニーリョ100%(30%トロ産、70%ラマンチュエラ産)アルコール度数 :13% VOL 750mlアメリカンオーク3ヶ月熟成マルコス・エグレンによる、ヌマンシアのファミリーワイナリーが造るワインです。 ◎おかげさまで大好評のエストラテゴ・レアル 世界で最もワイン市場に影響力があるとも言われる ロバート・パーカー氏はエストラテゴ・レアル(赤)に対し 以下の様な絶賛のコメントを与えております。 「ロバート・パーカーJr.氏のコメント」『Wow!絶対にケース買いすべきだ!』 [1997]年に約6000種の“高級ワイン”を試飲するがこんなには感動しない! [1998]『こんなに美味しいワインがこの価格で買えるなんて!』 [2001]◎朝日新聞土曜版「be」にてスペイン・ワインの第1位にエストラテゴレアルが選ばれました!! 2006/10/21発行 朝日新聞土曜版「be」に人気スパニッシュ‘エストラテゴ レアル ティント(赤)’が掲載されました!記事ではスペインワインとオーストラリアワインの日本への輸入量の躍進を主に取り上げそのなかで都内百貨店のバイヤーが「売場でのメガヒット」と紹介してくださっております。 ◎日経新聞 NIKKEIプラス1「家庭で手ごろなワイン」にランクイン! 日経新聞 土曜折込NIKKEIプラス1“何でもランキング”の家庭で手ごろなワイン(2006年4月1日掲載)にてランクイン!選ばれたのは実勢価格2,000円以下のワイン。その選ばれた11本の中で最も最安値だったのがこのエストラテゴ・レアル(赤)でした! ◎BARレモンハートに登場20年に渡り毎回、ウイスキー、ブランデー、バーボン、リキュールスピリッツなどの一般的な洋酒を始め、ワイン、ビール、日本酒焼酎、中国酒など様々なお酒を紹介する人気漫画『BARレモン・ハート』にヌマンシアとエストラテゴ・レアルが掲載されました。掲載されている内容はスペイン・ワイン好きの知人に飲ませるワインをマスターに相談したところマスターはヌマンシアを奨める為の布石に先ず、エストラテゴ・レアルが紹介して『1000円ちょっとでこの味』『コスト・パフォーマンスも最高のこのワインにはちょっとした秘密があります』とエストラテゴ・レアルの説明から発展させて翌日にヌマンシアをサービスするという展開です。 ヌマンシアを飲んだお客様の感想は『凄く濃厚なのになめらかで…こんなテンプラニーリョ初めてよ!』と感動しております。 ドミニオ・デ・エグレンを経営するエグレンファーミリーは他にも幾つかのボデガ(ワイナリー)を所有しておりその中でもボデガ・ヌマンシア・テルメスはワイン・アドヴォケート#169にてテルマンシアが100点満点!更にヌマンシアも98点という高得点を獲得いたしました!この評価はヴェガ・シシリアのウニコ・レセルヴァとエスペシャルよりも高い評価となります。『安定した、かつ安価で上質なワインを市場に供給したい。』という思いから1988年に設立しまたテーブル・ワインを造るボデガ。ドミニオ・デ・エグレンを設立しようと志した時期はスペインの経済成長に伴うインフレでリオハワインは毎年のように約3%づつ値上がりをしていた時期でもありエグレン家が拠点とするリオハではなくスペイン中の違う地域で畑を探し回りました。 設立当初のポリシーを有言実行1996年から価格は動いておりません。葡萄は、自社畑と栽培方法や収穫期などエグレン・スタイルを守ってくれる契約栽培農家からの買取りの2通り使用します。40%はトロ産、60%はラマンチュエラ産(テンプラニーリョ)です。エグレン・ファミリーが作るワインが全てそうであるようにDominio de Eguren に関しても収穫は全て手摘みで行っております。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。