特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時32分
時点のものです。

<< 戻る

★オーストラリアワインの最高傑作!★【20%OFF】ペンフォールド・グランジ  [1999]年

★オーストラリアワインの最高傑作!★【20%OFF】ペンフォールド・グランジ  [1999]年
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: アーベンワインショップ
発売日:
価格 商品名
34,230円
★オーストラリアワインの最高傑作!★【20%OFF】ペンフォールド・グランジ  [1999]年
Penfolds Grange 1999Australia Red Dryペンフォールド グランジ 生産者 ペンフォールド社 生産地 オーストラリアの南部サウス・オーストラリア州     カリムナ、バロッサ・ヴァレー、     マクラーレン・ヴァレー、     アデレード(マッギル)、およびパドサウェイ 格付け ヴァラエタル・ブレンド・ワイン 畑面積 6.062ha 年間生産量 平均:約 2万本 ブドウ品種 1999ヴィンテージ:シラーズ100%  バロッサ・ヴィンヤードとカリムナ・ヴィンヤードを主体にマクラーレン・ヴァレー、パドサウェイから。 (ブレンドの比率はヴィンテージより巧みに変更) ※性格の違う複数の畑から選ばれた数十年から」100年にも及ぶ古樹を選定し、収穫率を低く抑制。 醗酵・熟成 アメリカン・オーク新樽で17ヶ月(1999ヴィンテージ/平均:18?20ヶ月)間熟成させ、1998年に瓶詰め。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 紫を帯びた深く濃厚なルビーの色合いで、複雑な種類の香りが入り混じり、甘さを感じさせるほどの豊かな果実味のパワフルで濃厚な滑らかなスタイル。 料理 チーズ 香り豊かな肉や野禽類の料理、ハード・タイプのチーズによく合う。 参 考 1994年の収穫以来、ID番号がレーザーで貼り付けられたボトルに詰められている。 1999 ヴィンテージ 情報 アドヴォケイト・ヴィンテージガイド:8点 WSヴィンテージチャート:88点  1999年のバロッサとマクラーレンヴァレーのシラーズは、遅いj降雨によるバラつきがあるものの、最高のワインには強度があります。 ※グランジのブドウ園の1999ヴィンテージ情報:  南オーストラリアの1999ヴィンテージは全般的に乾燥し、初夏の頃の冷涼な気象条件に左右されましたが、収獲の間の穏やかな天気状況の前の1月下旬の暖かな日々によって一時的に中断しました。 あらゆる地方の出所の明示と強力なブドウ園管理は、果実の芳醇さと円熟したタンニンを顕著にしました果実の収獲をもたらしました。 パーカー氏評価(2004.10):92点  グランジ1999は、1998や1996、1991,1990といっったグランジの偉大なるヴィンテージには及びませんが、縁まで濃いルビー/紫の色で、ブラックベリーやマルベリー(桑)の果実や花のような芳香を漂わせ、中位から重量級の重さとコクを備え、酸味の一撃があるものの、ものすごい果実とエキス分がいくつも重なって形成される層はどっしりと重いだけでなく、エレガントで素晴らしいもので、この先もう2?3年の熟成を必要とし、また、もう12?15年は持ちこたえるでしょう。 予想飲み頃は、2006年から2019年あたり。 スペクテーター誌評価(2004.9.30):94点         ≪Collectibles≫  より熟したヴィンテージと全く同じくらいに広々として寛大ではないものの、ものすごく格好良く、煙っぽさや、大地のブラックチェリー、プラム、カラントの果実風味を見せ、長い余韻に現われる西洋杉のようなオーク風味を背景に事実上競い、また、 一口ごとに広がる風味は印象的までに吹き抜け、現在(2004年)、目が詰んでいますが、実に美しい熟成を重ねています。 予想飲み頃は、2009年あたり以降にピークを迎えるでしょう。 ワインメーカー’S(Peter Gago氏)コメント(2004.1.22):  グランジはペンフォールドとオーストラリアの両方にとって最も有名なワインで、南オーストラリアの遺産の肖像として公式にリストに掲載され、 また1951年の試作品からヴィンテージの完全なラインを誇り、シラーズと土壌と南オーストラリアの微気候との相乗作用をはっきりと実証しています。  ペンフォールドのグランジは、最も矛盾しない世界の偉大なワインとして組み合わせにおいて十分に円熟した、強烈な風味と質感のシラーズを反映しています。 *テイスティングコメント  光を通さないまでの濃い赤紫の色と申し分のない調和を見せ、甘草とアニスの趣を上方に渦巻きながら、麦芽のような、香りの良いオークの風味が織り込まれたブラックベリー、ブルーベリーの果実の香りを放ち、腰を据えて味わうと、渦巻く薫り高い変化が感じられ、ワインは複雑性と深みと豊かさと濃さをより一層増します。 芳香が示しているように、前面にブラックベリーやブルーベリーといった果実味が層を成しており、タールを塗ったような趣を基本に新樽のオーク風味が継ぎ目なく併合され、素晴らしいキメ細かなタンニンの塊は、見事な長さのしっかりと目の詰んだ余韻のなかに現われています。 *予想飲み頃  2010年から2035年あたり。 ★オーストラリアワインの最高傑作!★ペンフォールド・グランジ 1999年 ■ペンフォールド社■  ペンフォールド社の創業は1844年、イギリスから移住してきた医師クリストファー・ローソン・ペンフォールド氏が、南オーストラリア州の州都、アデレードの近郊マギルの地で、彼の住む住居(グランジ)でブドウを植えたことに始まります。 オーストラリアワインのメーカーとして最も古い歴史をもつ会社のひとつであるペンフォールド社は、現在各地にワイナリーを持ち、数多いメーカーの中でも特に高級ワインのメーカーとしてその名を知られています。(・・・詳細&一覧) ■グランジ■  ペンフォールド社は、1950年代までポートワイン・タイプの酒精強化ワインばかり生産していましたが、同社のチーフ・ワインメーカーであった醸造家マックス・シューパート氏(後に「オーストラリア・ワインの父」と呼ばれる)が、ワインつくりを学ぶためにボルドーへ渡り、帰国すると、近い将来のテーブルワインの時代の到来を予測し、オーストラリア屈指のテーブルワイン造りを開始します。 カベルネ種ではフランスのグラン・ヴァンに対抗できないと悟ったマックス・シューパート氏は、そこでオーストラリアでは馴染み深い品種のシラーズを選び、1951年はじめて実験醸造を試み、ペンフォールドの最高峰ワインが誕生しました。 ペンフォールド社の創立者である英国人医師、クリストファー・ローソン・ペンフォールド氏が構えた住居(グランジ=大地主の邸宅)に因んで、≪グランジ(1989年まではグランジ・ハーミテージ)≫と名づけられました。 ≪グランジ≫は、ペンフォールド社が擁する各地のワイナリーから収穫されたシラーズ種を主体とし、厳選に厳選を重ねたもののみを原料にしてつくられ、単にペンフォールド社の最高級のワインというだけでなく、本国のオーストラリアでもなかなか手に入らない、といわれるほどオーストラリアワインの最高傑作とされています。 登場とともに世界を驚愕させた≪グランジ≫は、あくまでも深く、濃厚なルビー色は紫色を帯びているようにも思え、芳醇なブーケは甘さを感じさせるほどに豊かに立ち昇り、骨太でありながら滑らかな味わいが特徴です。 現在は、≪グランジ≫と名を変え、オーストラリアだけでなく、世界を代表する銘醸ワインのひとつとなっており、その後、ドン・ディッター氏、ジョン・デュヴァル氏、そして2003年からピーター・ゲーゴ氏とチーフ・ワインメーカーは交代していますが、マックス・シューバート氏によって確立されたペンフォールド社のスタイル、≪グランジの系譜≫は連綿と引継がれています。 また、1994年の収穫以来、ID番号がレーザーで貼り付けられたボトルに詰められています。 ※南オーストラリア1999ヴィンテージ情報:  1999年のバロッサとマクラーレンヴァレーのシラーズは、遅いj降雨によるバラつきがあるものの、最高のワインには強度があります。 ※WA:92点 / WS:94点≪Collectibles≫ (詳細はページ下方に)

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。