特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時40分
時点のものです。

<< 戻る

伝説の純米大吟醸【鳩摩羅什】の本生!本生【鳩摩羅什】限定純米大吟醸 720ml≪蔵元取り寄せ商品≫

伝説の純米大吟醸【鳩摩羅什】の本生!本生【鳩摩羅什】限定純米大吟醸 720ml≪蔵元取り寄せ商品≫
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 幻の酒
発売日:
価格 商品名
8,400円
伝説の純米大吟醸【鳩摩羅什】の本生!本生【鳩摩羅什】限定純米大吟醸 720ml≪蔵元取り寄せ商品≫
 鳩摩羅什 限定純米大吟醸 本生 四合瓶(720ml)【限定品】読み:くまらじゅう げんていじゅんまいだいぎんじょう なま: この生酒だけは是非とも飲んでおいて欲しい一品です。 お酒自体が生きているため、贈答にはお使いいただけません。 なお、右記の成分表は、通常の鳩摩羅什 純米大吟醸の成分表です。 ▼通常の鳩摩羅什はこちら http://item.rakuten.co.jp/niigata/kumarajiva原料米・麹:兵庫県産特等山田錦原料米・掛:兵庫県産特等山田錦使用酵母:自社開発特殊酵母精米歩合:50%以下アルコール度:16.5度日本酒度:+3.0酸度:1.4アミノ酸度:1.2仕込み水:新潟名水 桂清水産地:新潟県新潟市杜氏:越後杜氏 池田秀世醸造元:越の華酒造株式会社用途:分類:【日本酒】【お酒】【酒】【清酒】【新潟】【地酒】【高級】【限定品】【金賞受賞】【食前酒】【食中酒】【辛口】【旨口】【キレ】【生酒】鳩摩羅什 [くまらじゅう] 西暦三五〇頃?四〇九年頃、中国の南北朝時代初期に仏教経典を訳した伝説の僧。インドの貴族の血を引く父と、亀茲(キジ)国の王族の母との間に生まれ、七歳のときに母とともに出家しました。当初、原始経典や阿毘達磨仏教を学び、小乗仏教に通達した後、大乗に転じました。以来、十年足らずの間に精力的に経論の翻訳を行うとともに、多くの門弟(三千余人)を育てたといわれています。その後、東アジアの仏教は、鳩摩羅什によって基本的に方向づけられました。仏典とは、鳩摩羅什の漢訳をもって頂点とし、東アジアに仏教が今日も栄えているのは、鳩摩羅什の正確且つ美しい言葉で訳された翻訳が存在したからだと言われています。幼少の頃から、神童と知られた鳩摩羅什。彼ひとりをめぐっては戦争が起きたほどであります。世界に多大なる影響を与えた鳩摩羅什。彼は『阿弥陀経』『大品般若経』『維摩経』『大智度論』など大乗経典をつぎつぎと漢訳し、とくに名訳とされた『妙法蓮華経』は、数ある『法華経』の漢訳のなかでも圧倒的に使われるようになり、大乗仏教はシルクロード通じて東アジアに広まりやがて遥か東の日本にも伝来しました。西から東に伝わった仏教文化において多大なる影響を与えるに至った伝説の人物です。新潟市は港のほど近く、魚市場などが近くにあったりと潮の香りが少し漂う。日本一の長流「信濃川」の最終地点、そこにこの究極の一升瓶を醸す越の華酒造はある。明治2年、藩籍奉還、東京遷都がなされ、東京?横浜間に電信開通し、まさに日本が近代国家へスタートしたその翌年に、新潟市沼垂の現在地にて越の華酒造は開業した。年間製造数量約1000石(1石=100升)という小蔵ながら、平均精米歩合56%と、徹底した高級酒造りを堅持、以来135年間、【水】【米】【技】、全ての品質に拘り続け、越の華酒造は日本酒本来の味わいを求め続けてきた。創業以来、新潟という恵まれた環境の中で、永く引き継がれてきた越後杜氏の匠の技、満悦する事なく常に上を目指す心、そして只管に造り続ける蔵人たちの想いをひとつに、水を選び、米を選び、技を磨き、心を注ぐ・・・、その「こころを打つ存在感ある酒」は誰もが認める絶品。清酒鑑評会での歴史も古く、明治40年10月「全国清酒品評会」で「金賞」受賞。明治44年に始まった「全国新酒鑑評会」でも「金賞」受賞。そしてここから始まった受賞記録の数々。越の華酒造の受賞は数知れず、今も尚金賞をとり続けている。また、人気連載のマンガ「美味しんぼ」では越の華酒造のお酒は特に絶賛とも紹介されている。2006年より始まる鑑評会純米酒部門、その前身鑑評会純米研究会においては、数多くあるお酒の中から最高の栄誉、首席第1位にて突破しその名は一躍、世に知れ渡り、現在世界からも注目され、2007年度全米日本酒歓評会では初出場にて、新潟からたった2蔵だけが受賞した金賞を見事獲得している。越の華酒造は製造コストの約6割を酒米に費やすほどに、原料の品質には徹底的である。長期低温発酵に適した『高嶺錦』、時代背景によって幻の米となった『亀の尾』、言わずと知れた兵庫県産の特等『山田錦』それらと並んで、専門家の間で酒造好適米として良く知られている『華吹雪』。これらの良米を丁寧に磨き上げ、平均精米歩合56%を堅持、驚く事にそれらをレギュラー酒にまで惜しげもなく使用している。そしてこの鳩摩羅什に使用されているのは兵庫県産の特上山田錦。栽培にたいへん手間のかかるこの酒米は、日中と朝晩の気温の差が10℃以上の山麓や谷間で育て、通常よりも苗の間隔を二倍とり、日当たりを良くして通気性を確保しなければならない。病気や害虫に侵されない環境づくりと共に、肥料を少なめにし、太陽と水と土の力による自然の恩恵で稲穂を育てる非常に手の込んだ方法で栽培しなければならない。日本酒の80%の割合を占める【水】は、そのお酒の品質を左右する大きな要因でもある。越の華酒造が仕込みに使うのは三川村にある「桂清水」。昭和初期までは蔵の脇にある高品質の井戸水を使用していた。この水は越乃寒梅を醸す石本酒造さんもここより分け頂いていた程だった。だが昭和39年の新潟大地震による地殻変動によりこの水源は断たれてしまい、それからというもの、酒造りに必要な良水を求め、奔走し、数年後にやっとたどり着いた岩清水が現在使用している桂清水。一日100tの水量を誇るこの豊かな岩清水は、ミネラルを多く含んだ円やかな軟水。幸いにもここ新潟は名にしおう「雪国越後」。吹きつける吹雪の激しさ、この雪の結晶はやがて清水となって清く流れ出て、酒造りにとって最高の良水となって輝きを増して生まれ変わる。その輝きは嘗ての井戸水をも超えていた。酵母は、糖分をアルコールに変えるためには欠かせないもの。お酒の造りによって様々な酵母が使い分けられる。一般的な酵母は「日本醸造協会」が蔵元に配布する、いわゆる「協会酵母」が使われるが、越の華酒造は酵母を自社で培養し、その酒々の造りに最も適した酵母をそれぞれ使用する。今回このお酒に使用したのは鑑評会で幾度も金賞を獲得してきた大吟醸に使用する特殊酵母である。この酵母の働きにより気品に満ち溢れた華やかな香りが生まれるのである。越の華酒造の蔵人たちは全員が若く、そして全員がベテランである。これが越の華の蔵人の特長である。みんなで考え、動く、確認する。間違いの無い仕事をし、常に技術の向上と流される事のない酒造りに誇りと情熱を注いでいる。現杜氏は池田秀世氏。蔵を訪ねた際には親切にひとつひとつ酒の状態を説明してくれた。私に対してと共に、酒に語っているかのような丁寧な言葉は出来上がる酒さえも想像出来そうな程だった。池田杜氏をはじめ、蔵人たちが造りに対して寡黙に、そして真剣に悩みながら汗を流す姿勢、感動と共に今日も間違いなく本物と呼べる日本酒が生まれゆく。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。