特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時40分
時点のものです。

<< 戻る

 賀茂泉 純米大吟醸 長寿 720ml&てびねり酒器1個 [ 豪華桐箱入 ] [ きき酒師 一押しの絶品!広島地酒 ]

 賀茂泉 純米大吟醸 長寿 720ml&てびねり酒器1個 [ 豪華桐箱入 ] [ きき酒師 一押しの絶品!広島地酒 ]
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 広島お酒スタイル
発売日:
価格 商品名
6,500円
 賀茂泉 純米大吟醸 長寿 720ml&てびねり酒器1個 [ 豪華桐箱入 ] [ きき酒師 一押しの絶品!広島地酒 ]
大切な贈り物は、当店にお任せください。広島お酒スタイルの詳細はクリック 長期熟成 による『 香りと旨味の見事なバランス 』 賀茂泉 純米大吟醸 長寿 と 手びねり酒器 [ 桐箱入 ] 720ml賀茂泉の最高峰『 純米大吟醸 長寿 』は、長期間、熟成させることで『 香りと旨味の完璧な調和 』を実現しました。賀茂泉のとろりとした純米大吟醸を熟成させた酒は、くせのある古酒とは異なり、味のまろやかさをより感じることができる飲みやすい酒に仕上がっています。「 呑めば長寿 」 そんな言葉を思い起こさせる名酒と言えるでしょう。お酒の味、パッケージともに、大事な方へのギフトでまったく問題ないといえる逸品。ギフトに、還暦祝や誕生日祝に、きき酒師がオススメしたい最高品質の日本酒です。蔵元: 賀茂泉 についてはコチラをクリック 熟成酒! ギフトOK! ぬる燗OK! ロック冷やして常温ぬる燗熱燗 呑み頃温度は○◎◎◎○ このセットの構成について お酒のデータ銘柄名読みかもいずみ蔵元名賀茂泉精米歩合60%アルコール分15度日本酒度+0 ? +1.0酸度1.6原料米広島県産八反(はったん)酵母?日本酒度・酸度のバランスで、だいたいのお酒の味を知ることができます。●日本酒度とは?【 詳しくはコチラ 】:+傾向だと 辛い。?傾向だと 甘い。●酸度とは?:数値が大だと 味が濃醇。数値が小だと 味が淡麗【御歳暮・お歳暮】【父の日】【母の日】【御中元・お中元】【暑中御見舞】【残暑御見舞】【敬老の日】【御年賀・お年賀】【御祝い・お祝い】【内祝い】【御礼・お礼】【還暦祝】【古稀祝】【喜寿祝】【傘寿祝】【米寿祝】【白寿祝】【祝延寿】【敬寿】【結婚祝い】【寿】【志】【快気祝】【御供】【御霊前】【御仏前】【贈り物】【贈答】【記念日】【お誕生日】【お返し】【日本酒】【お酒】【酒】【清酒】【広島】【地酒】【高級】【限定品】【食前酒】【食中酒】【辛口】【旨口】【キレ】【燗上がり】【包装・ラッピング・ギフト】【熨斗・のし】【専用化粧箱入り】【特別な記念日に】【日本酒通の方へ贈る】【友人との語らいに】【お世話になったお礼に】長期熟成 による『 香りと旨味の見事なバランス 』賀茂泉 純米大吟醸 長寿 と 手びねり酒器 [ 桐箱入 ] 720ml黄金に輝く純米酒をのもう! 賀茂泉の酒の特徴は、淡い山吹色をしていること。これは、酒本来の味わいを取り除いてしまう「 活性炭素濾過 」をおこなっていないためなんです。そうして出来た自然な風合いの純米酒を、十分に熟成させ、味の調和をとってから出荷しています。「酒は農産物加工品、米を活かした酒本来の姿を忘れてはいけない」。先代の蔵主から続く酒造りのポリシーはゆるぎません。なお、賀茂泉を象徴するラベルの書は、良寛さんの歌を、上司海雲師の筆によるものです。 熟成酒! ギフトOK! ぬる燗OK! ロック冷やして常温ぬる燗熱燗 呑み頃温度は○◎◎◎○ 大切なギフトに、特別な日本酒を贈りたい 日本酒、それも日頃、飲む機会のない 『 西国の名酒 』 を贈られてはどうでしょう?「おっ、うまそうな酒だぞ♪」ともらった方に、込めた気持ちも届きます。太古の昔から、日本酒は、神事には不可欠なアイテムでした。神社に奉納された御神酒(おみき)は、霊力がやどっているとして、今も参拝者にふるまわれます。また、建物を建てる際の地鎮祭にも、かならず供えられます。われわれにとって、日本酒は、単なるアルコール飲料を超えた『 特別な存在 』。古きよき日本が見直される昨今、『 大切な方に日本酒を贈る習慣 』も守っていきたいものです。近所の酒屋さんでは、なかなか手に入らない地酒です!全国でも数少ない西国地酒の専門店だから、近所の酒屋さんでは、まず見かけない銘柄を揃えております。ただし、在庫数が限られており、完売した場合・・・次回入荷は未定!在庫があったら、お早めにお買い求めください!まとめ買いもおすすめです。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。