特産品 高級品

特産品 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
特産品 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  特産品 高級品

このページの情報は
2009年3月6日23時41分
時点のものです。

<< 戻る

堺屋太一氏命名の幻の酒!甕を囲んで飲む美しき和の伝統好縁の時代に飲む幻の純米大吟醸!純米大吟醸【好縁】甕酒 1800ml【風呂敷付き】【送料無料】

堺屋太一氏命名の幻の酒!甕を囲んで飲む美しき和の伝統好縁の時代に飲む幻の純米大吟醸!純米大吟醸【好縁】甕酒 1800ml【風呂敷付き】【送料無料】
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 幻の酒
発売日:
価格 商品名
10,500円
堺屋太一氏命名の幻の酒!甕を囲んで飲む美しき和の伝統好縁の時代に飲む幻の純米大吟醸!純米大吟醸【好縁】甕酒 1800ml【風呂敷付き】【送料無料】
このお酒は家族や友人宅に持参したり、人を招きたくなる魅力が詰まっています。 お土産持参用の風呂敷も付属されますので是非、たくさんの友人たちと甕を囲んで味わって下さい!  純米大吟醸 好縁 甕酒 一升(1800ml)元経済企画庁長官で作家の堺屋太一氏との間で誕生した純米大吟醸:好縁。気の合う仲間たち、好きなもの同士で飲む事を前提にこのお酒を醸し出されました。 美しく吸い込まれるような甕の水面から、華やかで上品な香りに非常に喉が誘われます。お酒はスルスルと飲みやすく、柄杓で掬いあう醍醐味は甕酒ならではです。 山田錦や五百万石では無く、新潟コシヒカリを血筋に持つ酒米でここまで米の旨味を引き出されているお酒は、他にはなかなか見当たらないと思います。 蔵元の多くは、最高級のお酒は四合等の小瓶しか造りません。それは、家庭の冷蔵庫には一升瓶の保管が難しく、蔵元が嫌うためでもあります。好縁は、最高級でありながらも甕に入っており、家庭の冷蔵庫にも保管可能なため、今回インターネットでの販売が可能となりました。 蔵元より: コシヒカリ由来の原料米である“雪の精”は、醸造すると味に深みが出て来るタイプで、上品な香りと柔らかな膨らみがあり、アルコール分も低いのでとても飲みやすく、柄杓で酒をすくう時に金箔が入りますので、豪華なパフォーマンス性も楽しめます。原料米・麹:新潟県産米“雪の精”原料米・掛:新潟県産米“雪の精”使用酵母:特殊培養大吟醸用酵母精米歩合:50%以下アルコール度:14.2度日本酒度:±0酸度:1.7アミノ酸度:1.5仕込み水:新潟名水:桂清水産地:新潟県 新潟市杜氏:越後杜氏 池田秀世醸造元:越の華酒造株式会社箱外形:20cm×20cm×20cm 付属:木の柄杓、木蓋、台紙、(風呂敷)用途:【還暦】【還暦祝】【還暦祝い】【古稀祝】【喜寿祝】【傘寿祝】【米寿祝】【白寿祝】【父の日】【母の日】【敬老の日】【御歳暮・お歳暮】【御中元・お中元】【暑中御見舞】【残暑御見舞】【御年賀・お年賀】【御祝い・お祝い】【内祝い】【御礼・お礼】【祝延寿】【敬寿】【結婚祝】【結婚記念日】【引き出物】【出産祝】【寿】【贈り物】【贈答】【記念日】【お誕生日】【お返し】分類:【日本酒】【お酒】【酒】【清酒】【新潟】【地酒】【高級】【限定品】【金賞】【食前酒】【食中酒】【芳醇】【辛口】【旨口】【包装・ギフトラッピング】【熨斗・のし】【風呂敷】【誕生祝】【金粉入り】【金箔入り】【堺屋太一】【化粧箱入り】【特別な記念日に】【日本酒通の方へ贈る】【友人との語らいに】【お世話になったお礼に】【お急ぎOK】【正月】 好縁の時代?作家であり元経済企画庁長官の堺屋太一氏の言葉に「好縁」という言葉があります。好縁とは、「好きなこと」で出会いが集まり、そして集い、互いを尊重し、また自分を高め、人間らしい生き方をすることを意味する言葉です。人は生まれた時の血縁、住んでいる地域との地縁、職場での職縁と様々な縁に囲まれている中、これからは年齢や性別や組織を超えて、趣味や考え方で意気投合し、個々が満足できる社会が求められています。「団塊の世代」の定年とともに職場での繋がりである「職縁」から、「好縁の時代」を迎えるにあたり、自分が本当に好きなことは何だろうか、と模索し好きなことをする同士が、その縁で繋がる「好縁社会」を楽しむために、今回堺屋太一氏の書によってこのお酒は発売されます。共に地域や組織にこだわらず、共通の趣味や関心事、テーマで結びついたコミュニティーとして楽しんで生きることが「好縁の時代」と呼ばれている由縁であり、これからの時代にあったお酒の飲み方であると思います。純米大吟醸 好縁 甕酒(かめざけ)日本酒は本来「酌をし、酌をされ」と、一人で飲むよりも仲間との会話を肴にそのひと時を楽しむものでした。また、酒はお米から作られるため贅沢な嗜好品でもありました。そのため、酒の一杯いっぱいがとても貴重であり、さらに酌をする、されることは深い縁のあるものの同士の深い絆の証でもありました。かつて、お猪口(ちょこ)の底は不安定な形をしていたため、酒を注いでもらったら飲みきらないと下に置くこともできなかったため、飲み干すことが習慣でもありましたし、礼儀でもあったようです。それが日本文化にもなったいました。この甕酒の「好縁」は、好縁の時代にふさわしく好きなことを大切に意気投合したもの同士が楽しむお酒です。甕から柄杓でお酒を汲み合い、好きな話を肴に楽しいひと時を過ごすお酒です。また、お祝いの場で幸福を分かち合い、縁を大切にするお酒でもあります。この甕酒は100%純粋な米だけを使用した日本酒として「好縁」と名づけられ発売されました。また、皆様の幸せに願いを込めて純金箔を入れており、更にちょっとした遊び心で金箔の中に「ハート」の形をした純金箔を入れております。ぜひ、柄杓でお酒をすくい仲間のお猪口に注いであげて下さい。絆と愛情が伝わると思います。 ラベル書:好縁:堺屋太一 作家・評論家、著書多数。1935年、大阪府生まれ。60年東大経卒、通商産業省(現経済産業省)入省。70年の日本万国博覧会(大阪万博)などを手がける。78年退官。 著書に、未来予測型小説の「油断!」「団塊の世代」などのベストセラーのほか、「知価革命」「組織の盛衰」「平成三十年」など著書多数。 政府税制調査会委員、内閣特別顧問などを歴任。 98-2000年の小渕、森内閣で経済企画庁長官を務めた。のち内閣特別顧問。 01年のインターネット博覧会(インパク)の発案者。 05年の日本国際博覧会(愛知万博。通称「愛・地球博」)では最高顧問に就任。 財団法人2005年日本国際博覧会協会の顧問。 堺屋とは先祖の屋号。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。